意外と手軽!「町中華のチャーハン」家で作るコツ

パラパラではなく「しっとり」でもおいしい

町中華風のチャーハンを自宅で作る方法を伝授します。
この記事の画像を見る(20枚)

昨今の時代情勢から生活が急速に変わった人も多いでしょう。そのなかで注目されたのが料理です。

料理は生活に必要な行為でもありますが、一方で「趣味は料理」という言葉があるように楽しさもあります。人をもてなすことに喜びを感じたり、旬の味に癒やしを求めたりするなど、料理は実用だけではなく、文化的なもの。料理が得意になると生活は確実に豊かになります。

かんたん、時短のレシピはインターネットを検索すればいくらでも見つけられるので、ここでは「ちょっと手をかけた」料理をご紹介していきます。今日のメニューは「町中華風チャーシューチャーハン」です。

「しっとり」でバクバク食べられるのが理想

町中華は最近、定着した新しい言葉。ちょっとレトロ感がある昔ながらの中華料理のイメージで、みんなが大好きな味の料理。なかでもチャーハンは「ハマる人はハマる」奥深いメニュー。

チャーハンではよく「パラパラ」という指針が出てきて、それを達成するためのさまざまな裏技も存在します。もちろん、中国料理の専門店でコースの最後に食べるチャーハンはあっさりとして、空気のように軽く、パラパラしたものがおいしいでしょう。

しかし、町中華風のチャーハンはパラパラというよりも「しっとり」して、味もしっかり──かといってしょっぱいわけではなく、バクバク食べられるのが理想です。

そのためにまずチャーシューから作りはじめます。チャーシュー? チャーハンじゃないの、と思うかもしれませんが、チャーハンのために「チャーシューの煮汁」が必要だからです。遠回りかもしれませんが、チャーシューで飲むビールもおいしいので許してください。

次ページ焼豚ではなく「煮豚」にする
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT