「居酒屋のモツ煮込み」を自宅で簡単に作るコツ

ポイントは下処理、長い冬のお酒のお供に

料理研究家・野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南! 今回は「モツ煮込み」です(写真:LEON編集部)
「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。いまは「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。
そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れ、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。

「モツ煮込み」を作ってみよう!

大衆居酒屋の品書きには必ずある一品ですが、意外に自宅では食べたことないという方も多いのでは。

本記事はLEON.JPの提供記事です

モツとは一般に牛・豚・鶏の臓物のことですが、主に胃や腸を表すホルモンとは異なり、内臓一般を意味しています。居酒屋では「モツ煮」といえば牛モツか豚モツでしょうか。七味か一味をたっぷりかけて、コップ酒をぐびり……飲みたくなるメニューですが、下処理に時間がかかるので、ゆっくり煮込める休日にチャレンジしてください。

モツ煮込み(4人分)
豚もつ      400g(ボイルしてあるもの)
長ネギ青いとこ  1本分
にんにく     2かけ(包丁の腹でつぶす)
生姜       2かけ(薄切り)

水        1000ml
酒        100ml
味噌       大さじ3
砂糖       大さじ1
醤油       大さじ1

ゴボウ      1/2本(斜め切り)
人参         1/2本(乱切り)
こんにゃく      1/2枚(スプーンでひと口大にちぎる)
木綿豆腐       1/2丁(ひと口大に切る)
ネギ       1本(斜め切り)
一味唐辛子    適量
 
さあ、作り始めましょう(写真:LEON編集部)
次ページまずはモツの下処理
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT