20代会社員が1人開発した「伊良コーラ」の正体

新商品の「瓶入りコーラ」は2万本が予約済み

パウチに特製シロップを注ぐコーラ小林さん(筆者撮影)
普段、何気なく歩いている道や通り。でも、行き交う人たち、たたずむ人たちに意識して目を向けると、あの人は何者だろう?何をしているんだろう?と気になることがないだろうか。これは、そういう「路上の人」に話を聞こうという企画だ。
日常のなかでほかの人とは異なる存在感を放つ彼ら、彼女らから、自分が知らない世界、社会がのぞけるかもしれない。イレギュラーな出会いだからこそ、普段は耳にしないような言葉を聞けるかもしれない。この企画の第2弾は、伊良(いよし)コーラのコーラ小林さんだ。

行列のできるクラフトコーラ店

学生であふれ、喧騒に満ちた高田馬場から西武新宿線の各駅停車に乗ると、たった1駅でまるで違う雰囲気の町に出る。東京都新宿区下落合。小さな駅舎に、歴史を感じさせるレトロな飲食店。改札を出てすぐのところに、せせらぎの里公苑という広々とした公園もある。穏やかな空気が流れ、生活の匂いがする町だ。

公園脇の道を進むと、神田川が見えてくる。橋を渡り、桜が並ぶ川沿いをぶらぶら歩いていくと、間もなく小さなお店が目に入る。6月某日の金曜、13時の開店に合わせて少し早めに訪ねると、会社員風の3人が並んでいた。その後も続々と並ぶ人が増えていく。

金曜日の昼間に行列ができていた。土日はもっと行列が伸びるそう(筆者撮影)

そのお店とは、伊良コーラ総本店下落合。「世界初のクラフトコーラメーカー」をうたう伊良コーラの1号店で、今年2月28日にオープンしたばかり。周囲は静かな住宅街で、ほかに目立つお店もない。平日の昼間に、コーラを求めて行列ができているのだ。

13時に開店してからも、切れ目なくお客さんがやってくる。しかも若い男女、スーツ姿のビジネスパーソン、明らかに近所に住んでいるおばあさんまで客層が多彩だ。

店をのぞくと、伊良コーラのオリジナルTシャツを着たスタッフたちと一緒に、創業者のコーラ小林こと小林隆英さんが忙しそうに立ち働いていた。「2025年までに、コカ、ペプシ、イヨシといわれる3大ブランドの1つになる」という壮大な野望を持つ男である。

次ページ出会いは青山ファーマーズマーケット
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。