サントリー「絶好調のチューハイ」休売する事情

数量不足が深刻な消毒用アルコールへ転用

サントリーホールディングスは、チューハイ製品の生産を一時取りやめ、消毒用アルコールに転用することを決めた(写真:サントリーホールディングス)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、酒類メーカーが消毒用アルコールの提供に乗り出している。

市場調査会社のインテージヘルスケアによると、2019年度(2019年4月~2020年3月)の手指消毒剤(医薬品は除く)の販売額は87.2億円。2020年2月以降の売り上げが大きく伸び、前年度の販売額34.3億円と比べて2倍以上になった。

メーカーに対する増産要請が出た3月の消毒用アルコール原料製造量は前年の月平均比で2.2倍、約220万リットル(数字は経済産業省)と大きく増えている。しかし、いまだに市中どころか、医療機関でも消毒用アルコール不足が続いている。

チューハイ用のアルコールを消毒用に

このような状況を受け、サントリーホールディングス(HD)のグループ会社、サントリースピリッツの大阪工場(大阪市)は4月28日から、医療機関向けに消毒用アルコールの無償提供を開始した。

同工場では「-196℃」や「ほろよい」などのチューハイブランドの原料を製造しているが、その原料を転用し、医薬品卸を通じて医療機関などに提供していく。原料のアルコール度数は95%で、消防法上は危険物扱いとなり、保管が難しい。そのため、初日の提供量は約3500リットルにとどめ、今後も同程度の量を継続的に提供していく方針だ。

酒類メーカーはなぜ、消毒用アルコールを提供できるのだろうか。大手酒メーカーのオエノンホールディングスによると、「酒類に使うアルコールと、薬局で売られる消毒用アルコール原料の成分は同じで、(原理的には)酒用のアルコールでも消毒としての効果がある」(同社広報)という。同社は従来から消毒用アルコールメーカーなどにもアルコール原料を販売している。

次ページ規制緩和で動き出す酒類メーカー
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT