「学生に勧めたい大手企業」ランキングTOP100社

449大学のキャリアセンター担当者が選ぶ

大学キャリアセンターの担当者が「学生に勧めたい大手企業ランキング」。1位にはANA(全日本空輸)が選ばれた (撮影:尾形文繁)

大学3年生の就活はこれから本格化する。すでに夏休みのインターンシップが終わり、これから冬休みのインターンシップが始まる。就活のスケジュールは3年生の3月に企業の広報活動が解禁になり、4年生の6月から選考が始まる。このスケジュールは見直される可能性があるが、政府としては現在の1年生まで継続したいようだ。

大学3年生の就活が本格化

学生の就職状況は売り手市場が続き、企業の採用意欲は高く好調だ。とくに少子化が進み、大学卒業生数も年々減っているため、学生は企業を選べる恵まれた環境にある。大学通信が大学へのアンケートから集計した実就職率(就職者数÷<卒業生数-大学院進学者数>×100)を見ると、よりはっきりする。

『就職四季報』特設サイトはこちら

今年の大学の学部卒業生の平均実就職率は89.5%でほぼ9割に達し、8年連続で伸びている。一方、リーマン・ショックによる就職氷河期により、最も厳しかった2011年学部卒業生の平均実就職率は73.7%だった。この8年で15.8ポイントもアップしている。

各大学が就職支援に力を入れ始めていることも、実就職率アップの底上げに貢献している。早期からのキャリア教育、学生への企業紹介など、さまざまなサポートを行い、実就職率をアップしている大学も少なくない。

次ページ学生の方が詳しい
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。