「30歳給料が高く労働時間少ない会社」TOP100社

30歳賃金30万円以上が対象、1位は1618.6時間

若手に厚遇で、総労働時間が少ない会社はどこか (写真:EKAKI/PIXTA)

若手の賃金が比較的高く年間総労働時間が少ない会社はどこか。

今回は『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2019年版のデータを使い、大卒30歳平均賃金が30万円超を対象にした、年間総労働時間が少ない会社をランキングした(全体のランキングは『CSR企業白書』2019年版に掲載)。つまり、ここに掲載されている会社は、給料が多いのに労働時間が少ない会社だといえる。

1位は生活協同組合の物流子会社

ちなみに『CSR企業白書』2019年版での大卒30歳平均賃金の平均値は、30万5654円(対象672社)。東洋経済CSR評価でも「30歳30万円」は、賃金が比較的高いと判断する目安と考えている。

『CSR企業総覧2019年版[雇用・人材活用編]』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると販売サイトにジャンプします

では、ランキングを見ていこう。

1位は日本生活協同組合連合会の物流子会社のシーエックスカーゴで1618.6時間。大卒30歳平均賃金は32万6807円。ただ、労働時間は短時間労働者を含む数字のため、低くなっているようだ。

それでも月残業時間は13.3時間と少ない。有給休暇取得率も付与日数は少ないものの、94.6%と高レベルで働きやすい環境であることは間違いなさそう。また障害者雇用率が5.39%と高くダイバーシティーも進んでいる。

2位は塩野義製薬。管理職、裁量労働制以外の一般社員対象の総労働時間は1725.0時間で30歳平均賃金は34万375円だった。タイムマネジメントデーの設定やシステムを用いた残業時間管理、アラートの発信などで残業時間削減に取り組んでいる。フレックスタイム制度、短時間勤務制度、半日単位の有給休暇制度など「働き方改革」も推進している。

次ページ3位は日本生命
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。