5年間で「残業時間を減らした会社」ランキング

働き方改革を早々に実現させた会社はここだ

残業時間を大きく減らした川崎汽船。5年間で35.8時間から8時間まで削減した (撮影:尾形文繁)

働き方改革関連法が4月から施行となり、残業時間の上限規制などが適用される。

1位は川崎汽船、削減取り組みが奏功

対応に苦慮している経営者も多そうだが、すでに大きく残業時間を減らしている企業も少なくない。

『CSR企業総覧2019年版[雇用・人材活用編]』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると販売サイトにジャンプします

今回、『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2019年版と同2014年版データを使って、「5年間で残業時間が減った会社ランキング」を作成、残業削減に先んじて取り組んだ企業を紹介していきたい。

1位は5年間で残業時間を27.8時間減らした川崎汽船。2012年度(2014年版データ)の35.8時間が2017年度(2019年版データ)は8.0時間となり減少率は77.7%だった。

PCログオン打刻時間を確認し、正しい労働時間を把握。月中での残業見通し把握と所属部長への注意喚起、理由・対策の報告指示や対応状況のチェックなど組織全体で積極的に残業削減に取り組んでいる。有給休暇の取得日数も2017年度は年間16.7日と、2012年度の7.4日から9.3日増加。残業削減だけでなく休暇取得も進めている。

次ページ2位はマツモトキヨシ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。