「休みが取れて残業が少ない会社」ランキング

残業月15時間未満、有給取得10日以上が対象

残業が少なくて休みが多く取れる会社はどこか (写真:hide/ PIXTA)

就職して社会人になると、自分の時間が一気に少なくなることに驚くかもしれない。厚生労働省の「平成30年就労条件総合調査」では、有給休暇の年間平均取得日数は9.3日となっている。さらに、経団連が会員企業などを対象に調査した「労働時間等実態調査」によると、2017年の年間平均時間外労働時間は全体で252時間、月に換算すると21時間となっている。

『就職四季報』特設サイトはこちら

国や企業も、働きやすい環境を整備し、ワーク・ライフ・バランスの対応を進めている。直近では労働基準法の改正により、2019年4月から、企業が従業員に対して有給休暇を年5日以上取得させることを義務化する。対応できない企業に対する罰則規定も導入される。

就職活動生にとっても、ワーク・ライフ・バランスや長時間労働を避けたいという観点から、残業時間や有休休暇取得日数は重視する項目になっている。では、「自分の時間が取りやすい会社」はどこか。そこで、『就職四季報』(総合版)の最新版のデータから、月平均の残業時間が15時間未満、かつ年平均の有給休暇取得日数が10日以上の企業をピックアップし、ランキング形式でまとめた。対象は掲載企業1286社のうち、208社が該当した。

1位の日本食研ホールディングスの月残業時間は48分

ランキングを作成するにあたり、残業時間の少ない順で掲載しているが、同順位の際は有給休暇取得率順にランキングしている。ただし夏季休暇などの特別休暇は含めていない。

5時間未満の会社は11社。トップは、未上場でたれなどの調味料大手の日本食研ホールディングスで、残業時間は0.8時間と1時間を切っている。同社は前年度に引き続き残業時間が1時間を切っている。年間の平均有給取得日数は12.1日だ。

次ページ月残業時間が5時間未満は11社
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT