就活生が採用面接でやりがちな「4つの過ち」

「面接で評価されない人」には共通点がある

面接で「評価される人」と「評価されない人」の違いとは (写真:Fast&Slow / PIXTA)

先日、大学3年生(2020年新卒生)の約5%が、1月1日時点ですでに内定を獲得しているというニュースを見た。そのほとんどがインターンシップに参加し、その流れで選考を受け、内定を得ているという。

『就職四季報』特設サイトはこちら

経団連は企業説明会(採用広報)の開始を3月、面接や内々定(採用選考)は6月より解禁するよう企業にはルールを示している。しかし、今の大学2年生にあたる2021年卒からはその、経団連の就活ルールが廃止される。廃止後は政府が主導して就活時期を決めることになったが、ルールが形骸化し、徐々に崩壊しているといってもよい。

この流れが続くようであれば、就活は「3年生になってからでいい」という形から、「学生生活と並行して行うもの」に変わっていくだろう。そうなると、早い段階から、インターンシップなどへの参加のために、面接に臨む機会が多くなる。学生にとって面接の重要性はさらに高まるだろう。

よかれと思ってやった行動が逆効果になることも

私は日頃、キャリアカウンセラーとして職歴がない、もしくは職歴が浅い20代の方向けに就職(転職)サポートを行っている。どのような人物や回答の仕方が面接で評価され、逆に評価されないのかをつねに見ている人間だ。

さらに就職サポートをする過程で、企業からかなりストレートなフィードバックを聞いている。自社の採用選考の面接官も行っているため、そうした企業や面接官の視点、気持ちもわかっているつもりだ。

次ページ評価される人の特徴
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。