就活生が採用面接でやりがちな「4つの過ち」

「面接で評価されない人」には共通点がある

面接で「評価される人」と「評価されない人」の違いとは (写真:Fast&Slow / PIXTA)

先日、大学3年生(2020年新卒生)の約5%が、1月1日時点ですでに内定を獲得しているというニュースを見た。そのほとんどがインターンシップに参加し、その流れで選考を受け、内定を得ているという。

『就職四季報』特設サイトはこちら

経団連は企業説明会(採用広報)の開始を3月、面接や内々定(採用選考)は6月より解禁するよう企業にはルールを示している。しかし、今の大学2年生にあたる2021年卒からはその、経団連の就活ルールが廃止される。廃止後は政府が主導して就活時期を決めることになったが、ルールが形骸化し、徐々に崩壊しているといってもよい。

この流れが続くようであれば、就活は「3年生になってからでいい」という形から、「学生生活と並行して行うもの」に変わっていくだろう。そうなると、早い段階から、インターンシップなどへの参加のために、面接に臨む機会が多くなる。学生にとって面接の重要性はさらに高まるだろう。

よかれと思ってやった行動が逆効果になることも

私は日頃、キャリアカウンセラーとして職歴がない、もしくは職歴が浅い20代の方向けに就職(転職)サポートを行っている。どのような人物や回答の仕方が面接で評価され、逆に評価されないのかをつねに見ている人間だ。

さらに就職サポートをする過程で、企業からかなりストレートなフィードバックを聞いている。自社の採用選考の面接官も行っているため、そうした企業や面接官の視点、気持ちもわかっているつもりだ。

次ページ評価される人の特徴
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT