就活「ダメ評価なエントリーシート」5大特徴

コピペした記述や盛った話はいずれバレる

就活における最初の関門が「エントリーシート」。書き方ひとつで結果は大きく変わる (写真:shimi / PIXTA)

平成最後の正月が明けた。今年は何かにつけて「平成最後の」という枕詞が使われるが、それで言えば、今年の就活生は「平成最後の就活生」ということになる。そして、来年の春は、新元号のもとでの最初の新入社員となる。

『就職四季報』特設サイトはこちら

しかし、晴れて志望企業に入社するには、3月1日からスタートする就活本番をうまく乗り切る必要がある。今回は、その就活における最初の関門、「エントリーシート」について触れたい。

エントリーシートは、企業の採用担当者にとっては、学生の人物像や能力、可能性を推し量るためには欠かせない資料である。逆に、就活生にとっては、自分をアピールするための重要なプレゼンテーションツールである。

そこで、マイナス評価、ダメ評価となるエントリーシートの特徴についてまとめてみた。インターンシップでの選考を通じてある程度ベースが完成している人も、これから本格的に準備を進めるという人も、就活準備の総仕上げをするつもりで、自分のエントリーシートがそれに該当しないか、再チェックをしてほしい。

エントリーシートは自分をアピールする重要ツール

ダメ・エントリーシート1 自分らしさが表現できていない

自分の強みや魅力を存分に伝えるためには、内容はもちろん重要だが、大前提として「わかりやすさ、読みやすさ」をおろそかにしてはいけないと考えるべきだ。まずは、「結論から書く」「言いたいポイントをはっきりさせる」「適切な文章量で1文は簡潔に表現する」といった文章表現上の配慮ができているかどうか、その点から確認してほしい。

次ページ自分の魅力を伝える文章にする
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。