連絡なし、母親が電話…就活「内定辞退」の実態

複数内定得る学生増え、人事の大きな悩みに

すっかり売り手市場となった近年の新卒採用。入社日直前になって「内定辞退」を伝えてくる学生もいる(写真:den-sen/PIXTA)

近年の新卒採用で人事を悩ましているのが「内定辞退」だ。企業の採用意欲が高まると、学生有利の売り手市場になり、複数内定を得る学生が増える。

『就職四季報』特設サイトはこちら

どうしても欲しい学生ほど、他社も評価するだろう。そして複数内定を得た学生は1社を選び、他の企業に対し内定辞退をする。

中には10社の内定を取る学生もいるわけだが、その裏では9社の企業が内定を辞退されていることになるわけだ。

人事を悩ませる「内定辞退」

近年は企業の採用意欲が高く、複数内定を持つ学生が増えている。HR総研が2020年卒学生を対象に6月後半に実施した調査では、すでに複数内定を持っている学生が6割もいる。

1人からも内定辞退をされない企業のほうが珍しいだろう。人事の悩みは深く大きくなるというわけだ。

学生と企業の出会いは恋愛に例えられることが多い。一緒になればそのときは幸せだろうが、別れはつらい。内定辞退ではどのような別れ方がいいのか?

HR総研が6月後半に採用担当者を対象に実施した「2020年卒採用動向調査」から探ってみたい。

次ページ「会って伝える」のが望ましい?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。