合宿、ネット完結…ユニーク・インターンの数々

企業は「就業体験」ともなうプログラムを意識

合宿形式やインターネットで実施するタイプなど、さまざまなインターンシップが存在する (写真:kou/PIXTA)

就職環境は引き続きよい。

リクルートキャリア・就職みらい研究所の就職プロセス調査によると、2020年卒生(現大学4年生、大学院1年生)の、7月1日時点の就職内定率は85.1%で、同月としては調査以来過去最高を記録している。

『就職四季報』特設サイトはこちら

ここ数年の傾向として、3年生のインターンシップから動き出している学生が多い。中には1年近くかけて就職活動を行った結果、内定をつかんだ人もいる。そして、2021年卒は、この傾向に拍車がかかりそうだ。

インターンシップに参加する予定の学生は多く、ディスコの調査では、「参加したい・参加する」と答えた学生は、91.7%に達する。この夏休みから参加する学生も少なくない。

専門職や現場配属のコースも

インターンシップは、参加者数が多い会社説明会型だけでなく、仕事体験型や合宿型などさまざまなタイプがある。そこで今回、『就職四季報2021年版』(企業研究・インターンシップ版)に掲載している2019年度開催予定のインターンシップから、タイプごとにいくつかユニークな例を紹介していきたい。

メーカーは、理系学生向けの技術系インターンシップを設定しているが、期間が長いのが特徴だ。実際の現場に配属したり、実務体験を行ったりしている。

次ページ日東電工は最長2カ月
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング