合宿、ネット完結…ユニーク・インターンの数々

企業は「就業体験」ともなうプログラムを意識

合宿形式やインターネットで実施するタイプなど、さまざまなインターンシップが存在する (写真:kou/PIXTA)

就職環境は引き続きよい。

リクルートキャリア・就職みらい研究所の就職プロセス調査によると、2020年卒生(現大学4年生、大学院1年生)の、7月1日時点の就職内定率は85.1%で、同月としては調査以来過去最高を記録している。

『就職四季報』特設サイトはこちら

ここ数年の傾向として、3年生のインターンシップから動き出している学生が多い。中には1年近くかけて就職活動を行った結果、内定をつかんだ人もいる。そして、2021年卒は、この傾向に拍車がかかりそうだ。

インターンシップに参加する予定の学生は多く、ディスコの調査では、「参加したい・参加する」と答えた学生は、91.7%に達する。この夏休みから参加する学生も少なくない。

専門職や現場配属のコースも

インターンシップは、参加者数が多い会社説明会型だけでなく、仕事体験型や合宿型などさまざまなタイプがある。そこで今回、『就職四季報2021年版』(企業研究・インターンシップ版)に掲載している2019年度開催予定のインターンシップから、タイプごとにいくつかユニークな例を紹介していきたい。

メーカーは、理系学生向けの技術系インターンシップを設定しているが、期間が長いのが特徴だ。実際の現場に配属したり、実務体験を行ったりしている。

次ページ日東電工は最長2カ月
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT