合宿、ネット完結…ユニーク・インターンの数々

企業は「就業体験」ともなうプログラムを意識

インターンシップを通年実施している会社もある。GMOインターネットは、プロジェクトの実データを利用したデータサイエンスや、最新のARや実際に開発チームの一員となるWebエンジニアリングのインターンシップを実施している。通年で応募できるだけでなく、開始日や参加時間についても柔軟に対応している。

ネット広告代理店のセプテーニ・ホールディングスは、オンライン上で体験できるコースを展開し、通年で実施している。地方在住の学生にも参加しやすい取り組みといえるだろう。

中身が充実しているインターンシップは人気が高い

今回、取り上げたインターンシップ以外にもユニークな内容のものがある。これらのインターンシップは、会社説明型と異なり、中身を充実させているため、受け入れ人数も少なく倍率も高い。エントリーシートや面接などの選考もあるので、しっかり準備をしてほしい。

採用選考のルールは政府が決めることになった。就業体験を伴わない内容は、インターンシップと呼称しないように求めていることもあり、実施企業は多くのコースを設定してきている。また、2021年卒だけではなく、大学1年生や高専生向けのプログラムを用意している会社もあるので、興味があれば参加してみてほしい。

会社説明型のインターンシップに複数参加し、会社研究に役立てることよりも、今回あげたようなタイプのインターンシップに参加することで、実際にどのような仕事をしているのか体感したほうが、満足度が高められる。インターンシップは、本来「就業体験」で、貴重な時間を費やすのであれば、興味のある会社やプログラムを探して参加してほしい。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。