いま就活生に人気の「就活情報サイト」はこれだ

「ONE CAREER」「就活会議」…新興勢力が台頭

学生が活用する就活情報サイトの人気に変化が表れてきている(写真:U-taka/PIXTA)

数年前まで採用・就職に関する毎年の変化は微小だった。しかし、最近は変化の幅が大きくなった。例えば、インターンシップだ。5年ほど前までのインターンシップは、実施企業は大手企業が中心で、期間も1週間(5日間)以上のタイプが多かった。

だがこの数年のインターンシップは別物だ。ワンデータイプが主流だし、時期も夏期休暇や春期休暇といった長期の休暇中だけでなく、授業のある学期中にも開かれている。

就活サイトにも大きな変化が表れている。HR総研が「楽天みん就」と共同で2020年卒就活生を対象に行った「就職活動動向調査」(6月調査)によると、既成の就活サイトに陰りが見え、新興サイトに勢いがある。2000年代の就活の中核に位置してきたのは、新卒向けの巨大総合サイトだったが、そんな時代が終わろうとしているのかもしれない。

就活サイトの活用法が変わりつつある

就活サイトの代表格はリクナビマイナビだ。双璧といっていい。両者とも2万~3万社の情報を掲載する巨大サイトだ。

『就職四季報』特設サイトはこちら

2社に続くのがキャリタス就活。この3つを就活サイト御三家と形容した時期もあった。このほかにもいろんなナビがある。伝統的なナビとしては、あさがくナビダイヤモンド就活ナビブンナビ!などがあり、いずれも新卒採用に関して長い歴史を持つ企業が運営している。

2000年代まではリクナビが圧倒的な存在だったが、マイナビが2010年代に伸び、現在ではほぼ互角となっている。

学生が「活用した」就活サイトは、学生が使ったサイトをすべて選択してもらう調査だが、リクナビ、マイナビともに約9割と互角である。理系は8割台と少し低く、マイナビよりリクナビがやや強いという特徴はあるが、ほとんどの学生が2つのサイトを併用している。

次ページ「最も活用した」就活サイトは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。