いま就活生に人気の「就活情報サイト」はこれだ 「ONE CAREER」「就活会議」…新興勢力が台頭

印刷
A
A

「年間を通じて最も活用した」就活サイトは、1つのサイトだけを選択してもらう調査だが、リクナビ、マイナビともに3~4割の学生が選択している。

しかし、2020年卒学生に対する調査を見ると、変化が生じていることがわかる。

2020年卒学生が「最も活用した就活サイト」のトップは、文系でマイナビ、理系でリクナビ。依然、この2サイトが他のサイトを大きく引き離している構図は変わらない。両者をあわせると文系では65%、理系では67%に達する。

リクナビ、マイナビの「2強」に退潮の兆し

3人に2人が、いずれかのサイトを最も活用した計算となる。やはり両サイトの強さは本物に見える。しかし、実際にはかなり退潮傾向にある。

2019年卒の数字と突き合わせてみよう。マイナビとリクナビの2社の合計は、文系で79%、理系でも78%と8割近い。2020年卒学生よりも10ポイント以上高い。

2019年卒と2020年卒を比較すると、文系ではマイナビは46%から38%、リクナビは33%から27%、理系ではマイナビは41%から29%、リクナビは37%から38%と、理系のリクナビを除き、大きくポイントを落としている。

次ページ伝統的な就活サイトは「百貨店」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT