サントリー「絶好調のチューハイ」休売する事情

数量不足が深刻な消毒用アルコールへ転用

同社にはジレンマもある。チューハイは現在、家飲み需要が高まり、販売数が大きく伸びている。サントリーHDの3月のチューハイ類販売数量は前年同月比で29%も増えた。「チューハイが好調な中での休売となる」(同社)ため、消毒用アルコールへの転用はまさに身を削る行為となる。

厚労省は3月の規制緩和に加えて4月にも、アルコール濃度が60%のアルコールであれば、飲用であっても消毒用に使えるようにする規制緩和を行った。こうした動きを受け、地方の酒メーカーも消毒用アルコール生産に向けて動き出している。

「常陸野ネストビール」などのクラフトビールで有名な茨城県の木内酒造は、4月下旬からアルコール度数70%のウイスキーを自社ホームページなどを通じて販売している。「一般消費者や地域のクリニック、歯医者などからの要望がとても多く、注文数も多い」(同社)と手応えを感じている。

ビールを使った消毒用アルコール製造も

同社はさらに、茨城県内に工場を持つアサヒビールとキリンビールと組み、飲食店の営業自粛で売れ行きが落ちているビールを使って製造した高濃度アルコールを、県内の医療機関に無償提供すると発表した。

両社からビールを12キロリットルずつ受け入れ、アルコール濃度70%まで蒸留。消毒用アルコールとして5月下旬から提供を開始する予定だ。

規制緩和が進んでいるが、酒類メーカーによる消毒用アルコール分野への参入により、品薄は解消されるのだろうか。厚労省は「これまでにない量を消費者が求めており、どれだけあれば解消できるかが明言できない状況」という。

消費の現場でも、「新型コロナ以前のニーズが低かったので、いきなり増産は難しいだろう。入荷量もわずかで、店頭に出しても一瞬で売り切れる」(ドラッグストア大手のスギ薬局)状況が続いている。消毒用アルコールの不足解消にはまだまだ時間がかかりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT