「空前のレモンブーム」日本中が沸く2つの理由

なぜ「添え物フルーツ」が主役になれたのか?

レモン系の新商品が人気を集めている理由とは? (写真:kuppa_rock/iStock)

レモン、レモン、レモン――。レモンの快進撃が止まらない。

昨今、菓子類、スイーツ、缶チューハイやハイボール缶といったアルコール類など、レモン関連の新商品が続々と登場している。

3月には、サントリーが「サントリー天然水Clearレモン」を、ポッカサッポロフード&ビバレッジが「キレートレモン ダブルレモン」を、キッコーマン飲料が「デルモンテ スパイシージンジャーレモン」を、4月には伊藤園が「自然派Water 輪切りレモン×水出しミント」を新たに発売。

上記4商品は香料ではなく、レモン果汁・もしくは輪切りレモンを使用するなど、清涼飲料水のジャンルにおいても、よりレモン感を感じられる商品がトレンドになりつつある。既存商品のリニューアルを含めれば、上記以外にもまだまだレモン飲料のラインナップは控えており、さながら“レモン飲料戦国時代”といった状況だ。

拡大する「レモン市場」

「果汁別でいうと、オレンジやグレープフルーツの幅が狭まっていて、ここ5年間はアルコール類を含めレモンだけが顕著に伸びています」とは、「サントリー天然水ブランド2020年戦略説明会」に登壇したサントリー食品インターナショナル ジャパン事業本部・五十嵐享子部長の説明だ。ここ数年、人気の高かったオレンジがほぼ横ばいで推移する中、レモン市場は拡大の一途をたどっているという。

また、「ポッカサッポロフード&ビバレッジ 2020年度レモン事業戦略説明会」においても、同社のレモン事業は前年比108%、売り上げはここ5年伸び続け、「キレートレモン」は2019年度、過去最高出荷量を更新したとアナウンスしたほどだ。

もはやレモンは、揚げ物の横に鎮座する添え物の域を脱しているのである。事実、「財務省貿易統計(輸入)」を調べると、レモン輸入量は2016年は約4万9293トン、2017年は約5万800トン、2018年は約5万2578トンという具合に右肩上がりで増加。

レモンの国内収穫量がおよそ8000トンであることを考えると(出典「特産果樹生産動態等調査」)、8割強を輸入に頼る国内のレモン市場において、間違いなくレモンの需要は増えていることがうかがえる。

次ページ専門家「レモンには追い風しか吹いていない」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT