20代会社員が1人開発した「伊良コーラ」の正体

新商品の「瓶入りコーラ」は2万本が予約済み

小林さんを見て、「おお、この人だ」と思い出が蘇る。2018年10月21日、渋谷の国連大学前で毎週末開催されている青山ファーマーズマーケットに家族で行ったとき、深緑色のキッチンカーで出展していた小林さんを見かけたのだ。

「クラフトコーラ」という聞き慣れない言葉と、カワセミが描かれたおしゃれな看板に興味をひかれ、妻の分と合わせて2つ注文した。小林さんが、手際よくビニールパウチにシロップを入れ、炭酸水を注ぎ、ストローをさす。2つで1000円。東南アジアでよく見るスタイルにワクワクしながら、どんな味だろうと一口飲んで、ハッとした。

コカ・コーラやペプシコーラとは異なる、スパイシーで爽やかな風味。コーラといって思い浮かぶ独特の甘み(決して嫌いじゃない。とくに映画館のポップコーンとは名コンビだ)は一切なく、口の中にシュワッと拡がる清涼感。普段、コーラを飲まない妻も「これはおいしいねえ」と言いながら、あっという間に飲み干した。

この日、僕はフェイスブックに写真をアップし、「国連大学前のマーケットで、初めてクラフトコーラを飲んだ。伊良コーラ、非常においしかった。今度、取材しようかな」と投稿している。それから1年半以上経って、取材が実現した。

風邪薬を知らなかった少年

小林さんは1989年、下落合で生まれた。今お店がある場所では、小林さんの祖父で漢方の調合をする職人だった伊東良太郎さんが、「伊良葯工」(いよしやっこう)という工房を開いていた。

小林家では体調を崩すと「漢方を飲む」のが当たり前の習慣で、小林少年も風邪をひくといつも、金色のゴマ粒ほどの生薬を与えられた。それが数粒で5000円もする高価なものだと知ったのは、もう少し大きくなってから。「何かを煎じて飲むのが普通だと思っていたので、子どもの頃はいわゆる風邪薬の存在を知らなかったんです」と笑う。

小林少年にとって、良太郎さんは「イタリアのシチリアとかにいるような、マフィアの親分みたいな雰囲気(笑)」だったという。しかし孫にとっては優しいおじいちゃんで、幼稚園の頃から工房で遊んだり、簡単な手伝いをしていた。

ところが、思春期に入ると漢方の匂いが服についたり、友人たちの目を気にして、工房から距離を置くようになった。そのまま高校卒業を迎え、大学は北海道大学の農学部に進学した。

「中学、高校時代は自分らしい生き方が全然できていなくて。でも大学に関しては何学部がかっこいいとかありませんよね。それで、自分のやりたいことをやろうと思ったんです。祖父の仕事も漢方という自然由来のものを扱っていましたし、下落合は緑豊かで、子どもの頃から自然とか生き物とかすごく好きだったので、農学部を選びました」

次ページ世界のコーラを飲み歩く
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?