リンガーハット、690円贅沢メニューの衝撃

「プレミアムちゃんぽん」に秘められた戦略

昨年12月、日比谷シャンテ内にオープンした「リンガーハットプレミアム」(編集部撮影)

中国料理にルーツを持ちながらも、日本で進化を遂げ、色とりどりに花開いているラーメン文化。日本人にとっては身近で手軽なグルメであるだけでなく、国内各地で発達したご当地ラーメンが旅行の楽しみの1つともなっている。さらに日本のラーメンチェーンが海外で繁盛したり、外国人旅行客からジャパニーズグルメとして人気が高まるなど、海外からの注目もあって、今、ひときわ盛り上がってきているようだ。

新たな方向性を模索しているリンガーハット

そんななか、売り上げ、店舗展開ともに伸ばしてきているのがリンガーハット。ラーメンとは別に、ご当地めんとして独自のジャンルをつくりあげている長崎ちゃんぽんの専門店であり、また、野菜たっぷりのヘルシーさにより、女性からの支持が高いチェーンとしても知られている。

同社の2019年2月期第1四半期(3−5月)決算は売上高が117億2800万円で、前年同月比3.8%プラスだった。現在、同社の店舗数はとんかつの「濱かつ」など他業態をあわせて788店(海外店含む・8月末時点)。そのうち、長崎ちゃんぽんリンガーハットの店舗数は8月末時点で678店になる。新規出店を続けており、3月末の664店から14店純増している。

ヘルシー路線で差別化を図ってきたリンガーハットだが、さらに最近では、別業態の展開により、新たな方向性を模索しているようだ。たとえば、アルコールやおつまみをそろえた居酒屋店舗「ちゃんぽん酒場」や、特別感を醸し出す「リンガーハットプレミアム」などだ。

今回は、そのリンガーハットプレミアムに取材し、「既存の店舗とどこが違うのか?」について詳しく聞いてきた。

自身も長崎ちゃんぽんを食べて育ったという、リンガーハット営業戦略部の堀江純平氏(編集部撮影)

「目指したのは『いつもと違うリンガーハット』です」と語るのは、リンガーハット営業戦略部の堀江純平氏。プレミアム1号店は劇場・映画館や店舗を備えた複合施設、日比谷シャンテ内に2017年12月にオープン。付近には帝国ホテル、東京ミッドタウン日比谷などがあり、都内でもひときわ格調高くおしゃれな界隈だ。

「そもそもは、こうした私どもがなかなか入りづらかった商業施設からお声をかけていただき、またその際に『普通と違う、非日常的な店舗にしてほしい』と相談されるようになったことがきっかけです」(堀江氏)

近年、商業施設のレストラン街やフードコートでの「ハレの場」ニーズが高まっている。モノ消費からコト消費へニーズが移行するなかで、ただ食べるだけではない、楽しむ場所として、飲食店の役割が重要になっているのだ。

次ページいつもよりちょっとリッチ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。