意外に簡単「大人のいちごゼリー」を家で作る技

極上のカクテルを作る方法も合わせて伝授

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!(写真:吉澤健太)
「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。最近は「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。
そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れて、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。

いちごの旬はもちろん春!

毎年、クリスマスくらいからスーパーマーケットに並ぶいちごですが、その旬はもちろん春! さまざまなカフェやホテルで「いちごフェア」が始まっており、どれも魅力的ではあるものの、自分で作れたらなお楽しいではありませんか。

本記事はLEON.JPの提供記事です

なかでも、今回野本さんが教えてくれるのは「いちごゼリー」。以前、本連載で「いちご大福」の作り方をご紹介しておりますが、今回はゼリー。この昭和感あふれるノスタルジックな佇まいが、逆にいま新鮮かな、と。

いちごゼリー(作りやすい8個分)
いちご(あまおう)   約270g (1パック分)
砂糖          90g
レモン汁        大さじ1
水           100ml
スパークリングワイン  200ml (今回はCAVAのロゼ)
粉ゼラチン         10g
シナモンスティック   1/2本
 
材料はこんな感じ(写真:吉澤健太)
次ページゼリーの基本的な作り方って?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT