(第50回)【2011年度新卒採用戦線総括】社員との接触によって好感し、応募する学生

(第50回)【2011年度新卒採用戦線総括】社員との接触によって好感し、応募する学生

HRプロ株式会社
 前回は大学階層別に学生のOB/OG訪問を分析し、上位校ほど就職意識(意欲)が高く、その結果として内定率も高いという結論を導いた。OB/OG訪問という「行動」と「意欲」が内々定という「結果」とある程度比例している。採用は、その学生の所属大学だけでなく、学生個人の意欲を評価するものである。行動しない下位校の学生の内定率が低いのは当たり前だ。

 さて今回は、企業の採用手法について考えてみる。ネットと携帯電話を使いながら育ってきた学生は、Webからのプレエントリーやセミナー申し込みが就活だと思い込んでいるようだ。OB/OG訪問という「行動」をしない学生の方が全体的には多い。しかし学生が「Web就活」に慣らされているのと同様に、採用人事も「Web採活」にはまってしまっているのではないか?

●就活を通じて「好き嫌い(志望好感度)」を醸成していく学生

 人が行動する時の価値観は単純だ。「損か得か」「良いか悪いか」「好きか嫌いか」をその人なりに考えて(無意識のこともある)、行動(選択)している。就活でもこの原理は変わらない。人気企業ランキングでは、「選んだ理由」を学生に選択させるが、「企業イメージがいい」「技術力がある」「業界上位企業」などは、「損得」をベースにした「好き嫌い」の価値軸だと思う。

 ただし就活に限らず、先のことはわからないから「損か得か」ははっきりしない。「良い悪い」もあいまいだ。日本の政党でも正反対の政策を主張しているが、どちらが良いかはわからない。1つだけ間違いようがないのは「好き嫌い」だ。人はものを買ったり、どこかに行ったり、誰かを好きになったりするが、すべて「好き嫌い」に基づいている。
 人間は好意を持つと、その人のことを受け入れ、信じやすくなる。マーケティングでブランドが重視されるのも、好意的に認知されたブランドは集客力を持つからだ。

 学生の就活でも「好き嫌い」は大変に大きな要素だ。もともとその企業の製品を使っているから、好意を持ち入社したいという者もいる。しかし多くの学生は就活を通して「好き嫌い」を醸成していく。一般的には、「接点」を持った企業に対する志望好感度は上がる。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。