江戸時代の「寿司の値段」はいくらだったのか

捨てられるほどマグロが不人気だった理由

江戸時代は不人気だったというマグロ(写真:: shige hattori /PIXTA)
テレビドラマや映画などでよく描かれる江戸時代の人々。日々の暮らしは現代とは大きく異なっていたはずですが、「お金の面」ではどうだったのか――。日本近世史学者の大石学氏が監修した『江戸のお勘定』より一部抜粋・再構成してお届けします。
同書では、比較的物価が安定していたとされている文化・文政年間(1804~1830)を基準とし、金・銀・銭の換算は、幕府の換算基準値の1両=銀60匁=銭4000文としています。また、当時はそば1杯が16文だったことから、現代の価値に換算して1文を30円、そこから金1両を12万円と計算しています。

外食産業が盛んになった江戸時代

明暦3年(1657)に起こった明暦の大火によって、徳川家康・秀忠・家光という三代にわたって造られた江戸の町は、灰燼に帰してしまった。復興のために数多くの大工や左官などの職人が江戸に入り、これによって江戸の町が新しく生まれ変わった。この時に職人たちが多数江戸に流入したことによって、食習慣が変わり、現在の日本食や日本人の食事スタイルが確立されるきっかけとなる。

それまで食事は朝と夕の1日2食であったが、肉体労働に従事する職人は2食では足りず、もう1食を食べるようになり、1日3食に定着したのが、この頃とされている。江戸には復興のために集められた職人だけでなく、参勤交代で大名に付き従って来た諸藩の藩士など、単身男性が大勢住んでいた。

また、江戸に来ればなんとかなるだろうと、地方からやって来る者も多かった。元手がなくても稼げる仕事もあったからだ。彼らの食事は自炊が基本であったが、1人だと自分で料理をするよりも外で食事したり、出来合いを買ったりする。必然、一膳めし屋や屋台などの外食産業が盛んになる。

彼ら江戸市民の胃袋を満たすために供された、煎茶やほうじ茶で炊いたご飯「奈良茶飯」が江戸の外食産業の嚆矢とされている。江戸後期の屋台からは、握りずし、てんぷらなど今日の日本を代表する料理も生まれた。また、そばや日本酒も江戸時代、現代に伝わるスタイルが確立された。

町人は日銭を稼ぐ仕事が多く、まさに宵越しのお金を持たなかったため、たとえば飴玉やゆで卵は1個と少量で買うことができた。味噌や醬油といった調味料も必要な分だけの購入が可能だった。こうした小売りをする商人は、商品を振り分け棒にくくりつけ、かけ声をかけながら町中を売り歩いた。

買うほうが一声かければ、すぐに商品を持って駆けつける。彼らを棒手振りというが、毎日決まったルートをほぼ同じ時間に通るので、「〇〇屋さんが来たからお昼にしよう」などと、時計代わりにすることもあったといわれる。江戸の人々は家にいながら、いろいろな食べものを手頃な値段で手に入れることができたのである。

次ページ江戸時代のすしの実態
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT