米国人記者が見た「特攻」と裏にある愛国の危うさ

なぜ無駄死にすることが美徳となったのか

日本の主力戦闘機だった零戦。特攻にも使われた(写真:Buuchi/PIXTA)
太平洋戦争では、戦闘機や船ごと敵艦に突っ込む「特攻」によって、多くの若者が命を失いました。なぜ若者たちは無謀な命令に従ったのでしょうか。当時のことを調べていくと、浮かび上がってきたのが「愛国心」というものの危うさです。長年、日本を拠点に活動するアメリカ人ジャーナリストのマーティン・ファクラー氏が解説します。
※本稿はファクラー氏の新著『日本人の愛国』を一部抜粋・再構成したものです。

戦闘機を長時間飛行させた日本の戦い方への疑問

私はこれまでに多くの元兵士や遺族にインタビューした。その中で愛国を考えるときに思い出す人が2人いる。1人は元零戦パイロットで、ガダルカナル島から日本へ帰還した原田要さん、もう1人は木村さんという男性だ。

もう30年ほど前のことになるが、私は日本に留学し英会話を教えるアルバイトをしていた。木村さんはそのときの生徒で、当時60代だった。木村さんのお兄さんは高校生のときに徴兵され、九州の知覧でパイロットの勉強をするよう命令された。知覧は特攻の出撃基地だ。その後、沖縄に攻撃に出て帰ってこなかったという。

お二人から聞いた話の中で、私が大きな疑問をもった箇所がある。

原田さんのほうから説明したい。原田さんは小隊長としてガダルカナル島へ出撃していた。日本軍は1942年1月から2月にかけ、ニューブリテン島最大の都市ラバウルを、南方戦線を展開していくうえでの要衝としていた。

ラバウルからガダルカナル島までは直線距離で約1000キロ。零戦で2時間強かかる。ラバウルへ戻ることも考慮に入れなければいけない。零戦の積載燃料や航続時間を踏まえれば、ガダルカナル島の上空で戦える時間は10分から15分にすぎない。

日本軍はなぜこのような戦い方、つまり戦闘機を長時間飛行させたうえで、短時間で陸上部隊を支援させる戦法を南方戦線の中心にすえたのだろう。パイロットには心身両面で、大きな負担となる。パイロットは大切な人材のはずだ。

木村さんのほうで言えば、戦死を前提とする「十死零生」という言葉とともに、戦闘機による体当たり攻撃を日本軍が命じ、兵士たちが従ったのはなぜなのか。兵士といっても10代の若者も含まれていた。

次ページいびつな愛国のもとで若い命が軽んじられた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT