マーティン・ファクラー Martin Fackler
前ニューヨークタイムズ東京支局長

日本再建イニシアティブ主任研究員兼ジャーナリスト・イン・レジデンス
前ニューヨークタイムズ東京支局長。1966年アメリカ合衆国アイオワ州生まれ。イリノイ大学でジャーナリズムの修士号を、カリフォルニア大学バークレー校で歴史学の修士号(現代東アジア史専攻)を取得した後、1996年からブルームバーグ、AP通信社で記者として活躍。2005年からニューヨークタイムズ東京支局記者、2009年、支局長に就任する。2015年8月から現職。ジャーナリストとして古巣『ニューヨークタイムズ』を始め、『フォーリン・ポリシー』『コロンビア・ジャーナリズム・レビュー』などにも寄稿。著書に『世界が認めた「普通でない国」日本』(祥伝社新書)、『「本当のこと」を伝えない日本の新聞』(双葉新書)『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』(双葉社)など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。