マーティン・ファクラー Martin Fackler
前ニューヨークタイムズ東京支局長

日本再建イニシアティブ主任研究員兼ジャーナリスト・イン・レジデンス
前ニューヨークタイムズ東京支局長。1966年アメリカ合衆国アイオワ州生まれ。イリノイ大学でジャーナリズムの修士号を、カリフォルニア大学バークレー校で歴史学の修士号(現代東アジア史専攻)を取得した後、1996年からブルームバーグ、AP通信社で記者として活躍。2005年からニューヨークタイムズ東京支局記者、2009年、支局長に就任する。2015年8月から現職。ジャーナリストとして古巣『ニューヨークタイムズ』を始め、『フォーリン・ポリシー』『コロンビア・ジャーナリズム・レビュー』などにも寄稿。著書に『世界が認めた「普通でない国」日本』(祥伝社新書)、『「本当のこと」を伝えない日本の新聞』(双葉新書)『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』(双葉社)など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。