人が見たものより「触った」ものを信頼する不思議

こころの起源が皮膚を世界にさらしたという事実

人間は触覚から逃れられない(写真:Ushico/PIXTA)
生命進化の過程では、脳が生まれる前から存在するために、「0番目の脳」とも言わる「皮膚」。
日本の皮膚研究の第一人者、傳田光洋さんは、およそ120万年前、人類は体毛を捨て、体表の感覚器を再び使うことで脳を肥大化させ、結果として数々の危機から難を逃れられたと言う。
また、傳田さんは触覚、皮膚感覚こそが、人間の創作、芸術作品の本質と密接に関わるのではないかと問います。
「人間の『皮膚』に隠れた壮大すぎる生存戦略の要諦」(6月15日配信)に続いて著書『サバイバルする皮膚 思考する臓器の7億年史』より一部抜粋、再構成し、お届けします。

皮膚の感覚が人間の創造に関わる

多くの芸術家や科学者が、その創造に際して重要なのは言葉で語られる意識ではなく、意識になる前の何か、ありふれた表現だと直感の大切さを述べている。それでは、その直感はどこから、どのようにもたらされるのだろうか。

マルセル・プルーストの長い小説『失われた時を求めて』(吉川一義訳、岩波文庫)。400字詰原稿用紙で1万枚と言われるこの小説は、ごく一部を除いて、すべて一人称、語り手の「私」の経験と意識の移ろいが書かれている。ぼくのこの本(『サバイバルする皮膚 思考する臓器の7億年史』)は原稿用紙300枚ほどだ。大変長い小説であることがわかっていただけると思う。

その価値を実感するには、面倒でも全巻読むことをお勧めするけど、ここでは敢えてぼくなりに短く内容を書いてみる。

七篇からなる小説の六篇までは、「私」の幼少期から青春期、第一次世界大戦を経た壮年期までの記憶が詳細に語られる。少年時代、別荘地での思い出。思春期、海辺のリゾートでの恋。恋人と結ばれ、やがて恋人の死によって終わる記憶。パリの晩餐会でのブルジョワや貴族のとりとめのない会話などが詳細に描写される。

最終部、第七篇で「私」は圧倒的な啓示を受ける。

「時間の秩序から抜けだした一瞬の時が、これまた時間の秩序から抜けだした人間をわれわれのうちに再創造し、そのエッセンスを感知させてくれるのだ。そうであれば、この人間が自分の感じた歓びを信じるのも理解できる。時間の埒外にある人間であれば、未来のなにを怖れることがあろう?」

「真の人生、ついに発見され解明された人生、それゆえに本当に生きたと言える唯一の人生、それが文学である」

「われわれは芸術によってのみ自分自身の外に出ることができ、この世界を他人がどのように見ているかを知ることができる」

「新たな光が私のうちに射してきた。その光は芸術作品こそが失われた『時』を見出すための唯一の手段であることを気づかせてくれた光のように目覚ましいものではなかったが、その光のおかげで私は、文学作品の素材はことごとく私の過去の人生にあることを悟った」

次ページ「意識」をもたらす「失われた時」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT