百年の紆余曲折が生んだ4.8リットル「超節水」トイレ《戦うNo.1技術》

印刷
A
A


 しかし、机上の計算ほど簡単にはいかなかった。1周して戻ってきた水が新しく出てきた水とぶつかって飛び散る。ボウルの角度を間違えれば、水が便器を飛び出してしまう。数ミリ単位の試行錯誤が続く。通常、3~4回で完成する試作用の型枠は、50回も作り直させた。

完成した新型ネオレストに搭載した洗浄技術は、幾重も円を描いてボウル部分を洗う姿から、「トルネード洗浄」と名付けられた。

「セフィオンで表面がツルツルだから、水がうまく回ってくれた。セフィオンとトルネード、どちらか一つだけでは成り立たなかった。逆に、節水の要求がなければ、そんなもの作っても意味がない。トルネードはTOTOの技術の蓄積と時代の流れが生み出したんです」(林氏)。

新型ネオレストは爆発的なヒットを記録する。販売台数は初代の実に5倍。「作り手がいい商品を作れば、きちんと営業が利益を取って販売してくれる、という信頼が生まれた。そうなると、技術革新に対してドンドン魂が入るじゃないですか」。この頃からTOTOのパラダイムが変わり始めた、と張本社長は語る。

今年4月に発売した4・8リットル便器の最新機種GGで、トルネードはさらに進化を遂げている。従来の横回転に加え、ボウルの底で縦回転を発生させることで、より強力な水流「ツイントルネード」を生み出す。節水トイレは、いくつもの技術の進化を経てさらに発展を続けている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT