百年の紆余曲折が生んだ4.8リットル「超節水」トイレ《戦うNo.1技術》

印刷
A
A


では、未来の節水はどこまでいくのだろうか? --取材の最後に林氏に尋ねてみた。

「今後10年で求められるのは1ガロン(3・8リットル)ではないでしょうか。だって米国で言いやすいんです、『ガロントイレ』って」。笑いながら言ってのける林氏に、100年に及ぶ技術と経験の蓄積、そこから来る自信のようなものがほのめいた。

■TOTOの業績予想、会社概要はこちら


(猪澤顕明 撮影:梅谷秀司、吉野純治 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT