百年の紆余曲折が生んだ4.8リットル「超節水」トイレ《戦うNo.1技術》

百年の紆余曲折が生んだ4.8リットル「超節水」トイレ《戦うNo.1技術》

けたたましいサイレンとともに、金属製の機械から薄茶色の円柱が抜き出された。ベルトコンベヤーに移された粘土の塊に、作業員が手作業で複数の土のパーツを張り付けていく。円柱はしだいに見覚えのある形状へと姿を変え始めた。

福岡県北九州市にあるTOTOの小倉工場。1917年の創業以来、この地で作り続けてきた工業製品--、腰掛け便器の生産ラインだ。

成形・乾燥を経て、釉薬(ゆうやく)を吹き付けられた便器の“素”は、全長115メートルのトンネル窯で丸一日かけてじっくりと焼き上げられる。焼き上がった陶器は検査ラインに移され、機械のほか職人が槌(つち)でたたき、目に見えない傷がないか熟練の耳で聞き分ける。こうした一連の工程を経て、ようやく製品は出荷される。

塗り替えられる常識 洗浄水量は4分の1に

手作業と職人の技能に依存した生産工程は、工業製品としてはあまりにアナログかつローテクに映る。研究開発の点からも、欧米での300年に及ぶ歴史の中で、大半の技術は研究され尽くした。だから、技術革新が起こったとしても、それは10年スパンでの出来事。それがかつてのトイレ業界の常識だった。

ところが、そんな常識が今世紀に入ってガラリと塗り替わった。各社は毎年のように、革新的な性能を備えた新製品を市場に投入している。

中でも目覚ましい進歩を遂げているのが、汚物を洗い流す際に必要となる洗浄水量の削減である。70年代前半までは、どの便器も1回当たり20リットルという大量の水を使って便座を洗浄していたが、今や6リットル以下が当たり前。2000年代に入ってからは、各社がコンマ単位での節水競争を繰り広げ、最新の節水便器では40年前の4分の1以下の水量で事足りるようになった。


 この節水競争を世界レベルでリードする企業こそ、国内シェア6割を握るTOTOである。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT