(第9回)円高犬は吠えなかった、それこそが重要だった

(第9回)円高犬は吠えなかった、それこそが重要だった

シャーロック・ホームズの「白銀号事件」(Silver Blaze)は、競走馬が失踪し、調教師が惨殺された事件である。

現場を検証したホームズは、担当のグレゴリー警部に、「あの晩の犬の不思議な行動に注意すべきです」と言う。「何も不思議なことはありませんでしたよ。犬が激しく吠えることもなかった」という答えに、「それが不思議なことなのです」とホームズは言う。

厩舎に闖入者があれば、犬は吠えるはずだからだ。吠えなかったのは、馬を連れ出したのは、犬がよく知っている人物だったことを意味する(実際、そのとおりだった)。

何でこんな話を持ち出したのかと言えば、「あってしかるべきものがない」のは、しばしば極めて重要だからだ。もう一つ例を挙げよう。

冷戦時代、西側のクレムリン・ウオッチャーは、革命記念日のレーニン廟の上に並ぶ共産党幹部の中に「誰がいないか」を探した。また、プラウダ紙上に「誰の名がないか」を探した。

いるべき人がいれば、大きな事件は起きていない。しかし、いてしかるべき人がいなければ、失脚した可能性が高い。それは、クレムリン内部で権力闘争が起きていることを意味するのだ。

ここで議論している金融・経済危機についても、同じことが言える。「あるべきものがない」のは、大変重要なのである。

アメリカ国内で増加した支出は輸入で賄われたこと、日本や中国が黒字を還流させたため、アメリカの経常収支赤字が拡大し続けたことをこれまで見てきた。

ところで、この過程で「あってしかるべきものがなかった」のである。それは、ドル安・円高が生じなかったことだ。

話を簡単にするために、日米関係だけを取り上げよう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。