(第9回)円高犬は吠えなかった、それこそが重要だった

(第9回)円高犬は吠えなかった、それこそが重要だった

シャーロック・ホームズの「白銀号事件」(Silver Blaze)は、競走馬が失踪し、調教師が惨殺された事件である。

現場を検証したホームズは、担当のグレゴリー警部に、「あの晩の犬の不思議な行動に注意すべきです」と言う。「何も不思議なことはありませんでしたよ。犬が激しく吠えることもなかった」という答えに、「それが不思議なことなのです」とホームズは言う。

厩舎に闖入者があれば、犬は吠えるはずだからだ。吠えなかったのは、馬を連れ出したのは、犬がよく知っている人物だったことを意味する(実際、そのとおりだった)。

何でこんな話を持ち出したのかと言えば、「あってしかるべきものがない」のは、しばしば極めて重要だからだ。もう一つ例を挙げよう。

冷戦時代、西側のクレムリン・ウオッチャーは、革命記念日のレーニン廟の上に並ぶ共産党幹部の中に「誰がいないか」を探した。また、プラウダ紙上に「誰の名がないか」を探した。

いるべき人がいれば、大きな事件は起きていない。しかし、いてしかるべき人がいなければ、失脚した可能性が高い。それは、クレムリン内部で権力闘争が起きていることを意味するのだ。

ここで議論している金融・経済危機についても、同じことが言える。「あるべきものがない」のは、大変重要なのである。

アメリカ国内で増加した支出は輸入で賄われたこと、日本や中国が黒字を還流させたため、アメリカの経常収支赤字が拡大し続けたことをこれまで見てきた。

ところで、この過程で「あってしかるべきものがなかった」のである。それは、ドル安・円高が生じなかったことだ。

話を簡単にするために、日米関係だけを取り上げよう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT