(第60回 最終回)日本は人の「出」「入」で開国を目指すべきだ

(第60回 最終回)日本は人の「出」「入」で開国を目指すべきだ

世界各国間の移民マトリックスを、世界銀行が作成している。表に示すのは、そのうちの一部だ。

イギリスが日本と極めて対照的な姿を示していることがまず注目される。イギリスの人口は日本の約半分だが、移民の「出」は日本の6・1倍、移民の「入り」は日本の3・2倍となっている。

イギリスが世界に向かって開かれているのに対して、日本は閉じていることがよく分かる。国土の物理的形態は似ているのだが、イギリスが海を通じて世界と結びつく海洋国家であるのに対して、日本は海で海外から遮断された島国なのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT