(第60回 最終回)日本は人の「出」「入」で開国を目指すべきだ

✎ 1〜 ✎ 123 ✎ 124 ✎ 125 ✎ 126
拡大
縮小
(第60回 最終回)日本は人の「出」「入」で開国を目指すべきだ

世界各国間の移民マトリックスを、世界銀行が作成している。表に示すのは、そのうちの一部だ。

イギリスが日本と極めて対照的な姿を示していることがまず注目される。イギリスの人口は日本の約半分だが、移民の「出」は日本の6・1倍、移民の「入り」は日本の3・2倍となっている。

イギリスが世界に向かって開かれているのに対して、日本は閉じていることがよく分かる。国土の物理的形態は似ているのだが、イギリスが海を通じて世界と結びつく海洋国家であるのに対して、日本は海で海外から遮断された島国なのだ。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT