(第60回 最終回)日本は人の「出」「入」で開国を目指すべきだ

(第60回 最終回)日本は人の「出」「入」で開国を目指すべきだ

世界各国間の移民マトリックスを、世界銀行が作成している。表に示すのは、そのうちの一部だ。

イギリスが日本と極めて対照的な姿を示していることがまず注目される。イギリスの人口は日本の約半分だが、移民の「出」は日本の6・1倍、移民の「入り」は日本の3・2倍となっている。

イギリスが世界に向かって開かれているのに対して、日本は閉じていることがよく分かる。国土の物理的形態は似ているのだが、イギリスが海を通じて世界と結びつく海洋国家であるのに対して、日本は海で海外から遮断された島国なのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT