(第57回)豊かな資産を持つ日本はそれを活用すべきだ

(第57回)豊かな資産を持つ日本はそれを活用すべきだ

ニューヨーク証券取引所には中国など海外の有力企業が上場しており、それが米国国内に雇用と所得を生み出していると、第54回で述べた。資本取引が国境をこえて自由に行われる時代になったため、こうしたことが生じている。

国際的な資本取引は、より直接的に、「所得収支黒字」という形での所得を生んでいる。これは、対外資産の運用益から対外負債への利払いを引いたネットの所得だ。こうした所得獲得機会をうまく捉えた国が豊かになる。その反面、捉えそこなった国は、本来享受できるはずの豊かさを手に入れることができない。

日本は、残念ながら後者の代表だ。巨額の対外資産を保有しながら、それをうまく活用できておらず、受動的な運用に終始しているのである。

日本の対外資産の運用利回りは、図のとおりだ(ここで「運用利回り」は、所得収支受取りを年末の対外資産額で割った値として計算した。なお、ここには2007年までの推移を示す。08年以降は、為替レートの変動等によって、以下で述べるのとは異なる傾向が生じている)。

00年以降は、ほぼ3%程度の水準だ。これは、当時の米国10年債の利回り(4~5%程度)にも及ばない低い水準だ。米国国債は、安全で流動性の高い資産なのだから、信じられないことである。対外資産の約半分を証券投資が占めており、なかでも短期国債の比重が高いため、利回りがこのように低くなるのだ。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT