(第59回)中国経済は20年後 日本の3.5倍になる

(第59回)中国経済は20年後 日本の3.5倍になる

世界銀行と中国政府が共同で作成した『2030年の中国』(2012年2月)は、さまざまな側面から中国の将来についての予測と提言を行っている(なお、本報告には有用なデータが多数収録されており、中国経済に関する貴重な資料となっている)。

経済成長については、今後も高度成長が続くと予測している。実質成長率は、15年まで年8・6%、16年から20年まで7・0%、21年から25年まで5・9%、そして、26年から30年まで5・0%だ。

他方で、IMF(国際通貨基金)は、17年までの各国の経済指標についての予測を行っている。

これらの計数をもととして、30年までの日米中の名目GDPを予測してみた。この試算において、17年まではIMFの予測値を用いた。それ以降について、中国は、右記実質GDP成長にデフレーターを仮定(伸び率2・12%)して名目値を算出した。この結果、30年まで名目7%を超える成長が続く。また、日本とアメリカについては、17年の対前年成長率が継続すると仮定した。日本は年率2・5%成長、アメリカは5・3%成長になる。

図に示した結果を見ると、中国のGDPは10年では日本とほぼ同規模だが、30年には日本の3・5倍程度にまで成長する。1人当たりGDPは、現在は日本の10分の1程度だが、約3分の1にまで上昇する。

アメリカとの比較では、中国の経済規模は現在は半分以下しかないが、30年にはあまり変わらなくなる。つまり、30年頃の世界は突出して規模が大きい二つの経済大国(G2)と、「その他」によって構成されることになる。

日米間の経済規模格差も開く。日本は現在はアメリカの約3分の1であるが、30年には約4分の1になる。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT