(第9回)円高犬は吠えなかった、それこそが重要だった


 この取引は円を売ってドルを買うのだから、円安をもたらす。「名目で円高にならない」ことを期待して行う取引が、実際に円安を引き起こすのだ。つまり、期待が自己実現する。これは「地価上昇を期待して行う土地投機が実際に地価を上昇させる」のと同じであり、バブルが増殖してゆく場合の共通のメカニズムである。ここでは「円高にならない」のがバブルなのである。

次のように言ってもよい。日本からアメリカへの輸出が増えるので、円に対する需要が増えて、円高になる。しかし、円キャリー取引が生じるとドルに対する需要が増えるので、打ち消されて円高が起こらない。日本からの輸出と円キャリー取引は、「名目為替レートが円高にならない」という同じ理由によって促進される。その意味で、これらは裏腹の関係にあるのだ。

円キャリーでアメリカに持ち込まれた資金は、何に投資されたか。利回りの高い投資対象であるのは間違いない。それはサブプライムモーゲッジの証券化商品であった可能性が強い。こうして、モーゲッジ貸し出しに資金が供給されることになる。そして、モーゲッジとして貸し出された資金の一部が、リファイナンスを通じて自動車に回る。

これで図式が完結したわけだ。まとめれば、次のとおりだ。

(1)日本からの自動車輸出が異常に増える。(2)日本の貿易黒字が円キャリーでアメリカに持ち込まれる。(3)それが住宅ローンの原資となり、一部が自動車の購入に使われる。
 これらが三つ組み合わさったために、「円高という犬が吠えなかった」のである。

上で述べた(1)、(2)、(3)は、個別では成立しにくい不自然なものだ。しかし、三つが組み合わさると、互いが互いを助けて、成立してしまう。ちょうど、石で造ったアーチ橋のようなものだ。ただし、石を一つでも外すと、すべてが崩れる。

(3)が成立したのは住宅価格が上昇していたからだ。住宅価格の上昇が止まると、(3)という石が外れる。そうするとすべてが崩れてしまうのである。そして、そのとおりのことが実際に生じたのだ。

【関連データへのリンク】
為替レート 
日本消費者物価 
アメリカ消費者物価 


野口悠紀雄(のぐち・ゆきお)
早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授■1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省(現財務省)入省。72年米イェール大学経済学博士号取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より現職。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書は『金融危機の本質は何か』、『「超」整理法』、『1940体制』など多数。


(週刊東洋経済2010年4月3日号 野口氏の写真:今井康一)
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT