(第9回)円高犬は吠えなかった、それこそが重要だった


 円とドルの名目為替レートは、2000年頃から07年夏まで、1ドル110円程度を中心として変動しており、傾向的な趨勢は見られない(下図)。

ところがこれは、白銀号事件で犬が吠えなかったほどおかしなことなのである。本来なら、傾向的なドル安・円高が生じていなければならなかったのだ。その理由を以下に説明しよう。

日本車がアメリカで売れた理由

1990年代以降、日本とアメリカの物価上昇率には、差があった。大まかにいえば、日本の物価がほとんど上昇しなかった半面で、アメリカでは年率3%程度の物価上昇が続いた。この状況で名目為替レートが不変だと何が起こるかを、次のような簡単な仮想数値例を用いて考えてみよう。

性能がまったく同じ車が、トヨタ車は200万円、GM車は2万ドルであったとする。為替レートが1ドル=100円であれば、価格面でも同じだ(輸送費や関税などを無視する)。

1年後、トヨタ車は200万円のままだ。ところが、アメリカでは物価上昇があるので、GM車は2・06万ドルになる。このとき為替レートが1ドル=100円のままだと、アメリカに輸入されたトヨタ車は、依然2万ドルだ。だからアメリカ人はトヨタ車を買うだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT