英語が苦手な人ほど「実は日本語が残念」な現実

偏差値27から東大合格!僕の逆転「英語勉強法」

英語に苦手意識がある人は、日本語から見直してみることがおすすめだといいます(写真:pajamadu/PIXTA)
「『自分の頭で考える』って、どういうことなんだろう?」「頭が良い人とバカな自分は、いったいどこが違うんだろう?」
偏差値35から東大を目指して必死に勉強しているのに、まったく成績が上がらず2浪してしまった西岡壱誠氏。彼はずっとそう思い悩み、東大に受かった友人たちに「恥を忍んで」勉強法や思考法を聞いて回ったといいます。
「東大生は『生まれつきの頭の良さ』以前に、『頭の使い方』が根本的に違いました。その『頭の使い方』を真似した結果、成績は急上昇し、僕も東大に合格することができたのです」
頭の良い人は、頭をどう使っているのか? 「自分の頭で考える」とは、どういうことなのか? 「頭の良い人」になるためには、どうすればいいのか? 
そんな疑問に答える新刊『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』が発売1カ月で10万部のベストセラーとなった西岡氏に、「英語が苦手」と思っている人の「盲点」を解説してもらいました。

偏差値26.9だった僕が「大逆転」できた理由

僕は高校3年生のとき、模試の英語で3点を取ったことがあります。そのときの偏差値は「26.9」でした。英語が本当に苦手で、まったくしゃべれないし、読んでもわからないし、眠くなるしと、散々だった記憶があります。

『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』は、発売1カ月で10万部のベストセラーとなっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

しかし受験において、英語は絶対に無視できない科目です。英語の点数がそのまま合否に直結すると言われるほど、英語は重大な科目なのです。

だからこそ僕は、3点の状況からさまざまな努力をして英語の点数を上げ、なんとか東大に合格することができました

さて、僕ほどではないにしても、英語に苦手意識を抱えている人は多いのではないでしょうか? 英語がしゃべれない、英語の長文が読めない、TOEICやTOEFLでいい点を取りたいのに成績が伸びない……英語が悩みの種になっている人って、割と多いと思います。

では、もともと苦手だった英語ができるようになった、僕や他の東大生たちは、どんなふうにこの悩みを解消していたのか?

これ、実はすごく単純な、誰でもできるやり方があるのです。今日はそれを紹介させてください。

次ページ「英語が苦手」な人は「英語だけが苦手」なわけじゃない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT