英語が苦手な人ほど「実は日本語が残念」な現実

偏差値27から東大合格!僕の逆転「英語勉強法」

英語に苦手意識がある人は、日本語から見直してみることがおすすめだといいます(写真:pajamadu/PIXTA)
「『自分の頭で考える』って、どういうことなんだろう?」「頭が良い人とバカな自分は、いったいどこが違うんだろう?」
偏差値35から東大を目指して必死に勉強しているのに、まったく成績が上がらず2浪してしまった西岡壱誠氏。彼はずっとそう思い悩み、東大に受かった友人たちに「恥を忍んで」勉強法や思考法を聞いて回ったといいます。
「東大生は『生まれつきの頭の良さ』以前に、『頭の使い方』が根本的に違いました。その『頭の使い方』を真似した結果、成績は急上昇し、僕も東大に合格することができたのです」
頭の良い人は、頭をどう使っているのか? 「自分の頭で考える」とは、どういうことなのか? 「頭の良い人」になるためには、どうすればいいのか? 
そんな疑問に答える新刊『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』が発売1カ月で10万部のベストセラーとなった西岡氏に、「英語が苦手」と思っている人の「盲点」を解説してもらいました。

偏差値26.9だった僕が「大逆転」できた理由

僕は高校3年生のとき、模試の英語で3点を取ったことがあります。そのときの偏差値は「26.9」でした。英語が本当に苦手で、まったくしゃべれないし、読んでもわからないし、眠くなるしと、散々だった記憶があります。

『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』は、発売1カ月で10万部のベストセラーとなっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

しかし受験において、英語は絶対に無視できない科目です。英語の点数がそのまま合否に直結すると言われるほど、英語は重大な科目なのです。

だからこそ僕は、3点の状況からさまざまな努力をして英語の点数を上げ、なんとか東大に合格することができました

さて、僕ほどではないにしても、英語に苦手意識を抱えている人は多いのではないでしょうか? 英語がしゃべれない、英語の長文が読めない、TOEICやTOEFLでいい点を取りたいのに成績が伸びない……英語が悩みの種になっている人って、割と多いと思います。

では、もともと苦手だった英語ができるようになった、僕や他の東大生たちは、どんなふうにこの悩みを解消していたのか?

これ、実はすごく単純な、誰でもできるやり方があるのです。今日はそれを紹介させてください。

次ページ「英語が苦手」な人は「英語だけが苦手」なわけじゃない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT