日本最難関「東大理3」の勉強法が本質的すぎた

才能は無理でも「頭の使い方」なら真似できる

「生まれもっての才能」は真似できなくても、「頭の使い方」なら真似できるといいます(撮影:梅谷秀司)
「『自分の頭で考える』って、どういうことなんだろう?」「頭が良い人とバカな自分は、いったいどこが違うんだろう?」
偏差値35から東大を目指して必死に勉強しているのに、まったく成績が上がらず2浪してしまった西岡壱誠氏。彼はずっとそう思い悩み、東大に受かった友人たちに「恥を忍んで」勉強法や思考法を聞いて回ったといいます。
「東大生は『生まれつきの頭の良さ』以前に、『頭の使い方』が根本的に違いました。その『頭の使い方』を真似した結果、成績は急上昇し、僕も東大に合格することができたのです」
頭の良い人は、頭をどう使っているのか? 「自分の頭で考える」とは、どういうことなのか? 「頭の良い人」になるためには、どうすればいいのか? 
そんな疑問に答える新刊『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』を上梓する西岡氏に、1年に約100人しか合格しない「東大理3」生の「頭の使い方」を紹介してもらいます。

東大の中でも「理3」は別格

「やっぱり東大理科3類(理3、主に医学部に進学)の人は、モノが違う……」

『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』は7月31日発売予定(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

東大の中にいると、そう思い知らされることが非常に多いです。1学年3000人いる東大生の中でも、やはり理3の約100人は「まったく別種の頭の良さ」を持っているのです。

東大理科2類の合格者平均点は353点/550点。それに対して理科3類の合格者平均点は411点/550点と、50点以上の差があります。

センター試験にいたっては、なんと850点/900点、割合にして95%取れている人が大多数(いずれも2019年)。ほぼ満点近い点数でないと、理3には合格できないのです。

学内で話していても、「あ、これはもう頭の出来が違うな」と感じてしまいます。それはもちろん僕だけではなく、他の東大生の間でも共通の認識になっています。

では、東大理3の人は、本当に生まれたときから頭の出来が違うのでしょうか? 実はそうとばかりは言い切れないのです。彼らは、僕たちにも真似できる、非常に有効な「頭の使い方」をしていたのです。

次ページ「何気ない日常」から学ぶ姿勢がある
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT