東大に「推薦で入った人」のプレゼンが凄すぎた

「東大の教授」すら納得させる3テクニック

東大の一部の学部では、「プレゼンによる推薦入試」があるといいます。それで合格した人は、何が違うのでしょうか(画像:haku/PIXTA)
偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。
「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」
「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭もよくなる作文術」を『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡氏が、作文と共通する「プレゼン術」を解説します。

みなさんは、プレゼンはお得意ですか? 僕は苦手です。

7万部のベストセラー『東大作文』に、【東大作文練習ノート】がついた「特別版」発売中(画像をクリックすると、特設サイトにジャンプします)

自分の意図を相手に伝えて、相手を説得するのって非常に難しいですよね。自分の中では伝えきれたつもりでも、相手にはぜんぜん伝わっていない……みたいなことが、けっこう頻繁に起こってしまいます。

東大の中でも、授業でプレゼンを行う機会は多いのですが、やっぱりその中でも得意な人間・苦手な人間というのははっきりわかれてしまうものです。

そんな中で、「こいつは本当にプレゼンがうまいな!」と思わせられるのは、東大推薦入試で合格した東大生教授にプレゼンして東大に合格しているだけあって、彼ら彼女らはやっぱりプレゼンが上手なのです。

今回は、そんな東大に推薦で合格した人たちに、プレゼンのテクニックを聞いてみました。その中で見えてきた、3つのプレゼン術をみなさんにご紹介したいと思います。

次ページ自分に「語る資格があるか」を考える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。