東大生の親に「お受験ママ」が異様に少ないワケ

強制でも放任でもない「3つの親力」とは何か

口うるさく「勉強しなさい」と言うかわりに、東大生の親は何をしていたのでしょうか(画像:Fast&Slow/PIXTA)
偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。
「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」
「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭もよくなる作文術」を『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡氏が、「東大生の親」の実像を解説します。

東大生の親は「お受験ママ」が多いという誤解

「東大生の親って、子どもにめちゃくちゃ勉強させまくってそう」「めちゃくちゃスパルタなお受験ママが多そう」

7万部のベストセラー『東大作文』に、【東大作文練習ノート】と【イベント抽選応募券】がついた限定「特別版」予約受付中(画像をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

大抵、東大生の親のイメージというのはこういうものでしょう。子どもに勉強させまくるスパルタな親がいないと、東大生にはなれないのではないか、と。

しかし僕が東大生になって、東大生やその親御さんたちを100人以上調査していく中で見えてきたのは、こうした「いわゆるお受験ママ」のイメージとはまったく違った親御さんの像でした。もちろんこういう親御さんも中には存在するのでしょうが、ほとんどの親御さんはスパルタとは程遠いようです。

例えば、東大生の多くは、親御さんから「勉強しなさい」と言われた記憶がないそうです。親から言われて勉強して、その結果東大に入ったという学生はあまり見かけません。

では、東大生の親は放任主義が多いのかと言われると、そういうことではないんです。今日は、東大生の親御さんを調査した結果から見えてきた、東大生の親がもつ「親力」を3つ、ご紹介させていただこうと思います。

次ページ「勉強しなさい!」というお受験ママはほとんどいない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング