「地方出身の東大生」の独学術が本質的すぎた

なぜ「学校の先生と仲がいい」人が多いのか

「不利な環境」をはねのけて東大に入った学生たちに、勉強法を聞いてみました(画像:Fast&Slow/PIXTA)
偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。
「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」
「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭もよくなる作文術」を『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡氏が、「塾がない」「周囲に東大受験生がいない」という地方から東大に合格した学生の勉強法について解説します。

「不利な環境」から合格した東大生のスゴい勉強法

都会出身者の割合が高い東大生の中にも、「地方の怪物」と言えるような東大生は一定数存在します。

7万部のベストセラー『東大作文』に、【東大作文練習ノート】と【イベント抽選応募券】がついた限定「特別版」予約受付中(画像をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

塾も情報もライバルも先生も豊富な都会の受験生と違って、東大志望の友達は周りに1人もいない、塾も遠いし学校の先生も受験について詳しいわけではない……そんな「環境の不利」を乗り越えて、独学で東大に合格した学生たちのことです。

塾がない離島出身の東大生や、人口3000人の過疎の村出身の東大生、高校開校100年で初めての東大合格を果たした東大生……。彼ら彼女らの勉強法は非常に本質的で、ためになる部分が多いです。

今回は、そんな東大生がどうやって独学をしていたのか、モチベーションを持続させていたのかについてご紹介させてください。

次ページ地方出身の東大生が「高校の先生と仲良し」な理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。