「地方出身の東大生」の独学術が本質的すぎた

なぜ「学校の先生と仲がいい」人が多いのか

都会で多くの情報に触れていると、身の回りにあるのが当たり前すぎて「活用しないと置いていかれるかも」という感覚にはなりにくいです。しかし、情報の流入が少ない地域の学生は、情報が少ないからこそ、いろんなものを活用しようとする意識、そして活用しなければ置いていかれるかもしれないという感覚を持って勉強しているわけです。

「いろんなものを活用しようとすること」「さまざまな情報にきちんと感度を高くしておくこと」。独学で目標を達成しようとするときは、身の回りのものを活用し尽くそうとする姿勢が大切になってくるのかもしれません。

独学法3:「生の感覚」を大切にする

最後は、「『生の感覚』を大切にする」というものです。

地方にいると、東大に受かった先輩や、東大を目指す学生に会うことが極端に少なく「頑張り方がわからない」という問題が頻繁に発生します。自分と目標との距離も測れないし、自分の努力・実力がどの程度なのか、模試の結果だけではなかなかわからないのだそうです。

しかし合格した人は、なんとかして「生の感覚」で東大生を知ろうとした経験がある人が多かったです。

例えば塾に行って東大合格確実なぐらいの成績の友達を見つけたり、知り合いのツテで東大生または東大卒の人に会ったり。わざと東京の夏期講習・冬季講習を取って、東大志望の人を探した人もいました。

会って何をするかというと、別に何もしないのだそうです。普通に友達になって、話をして、「同じ人間であることを確かめる」のだそうです。

その人のことを観察して、自分と根本的に違う人間というわけではないことを実感として確かめて、そして東大と自分の距離がそんなに遠いものではないことを知るのだそうです。

漠然と「東大生」のことを知っている状態ではなく、「1人」ときちんと向き合って、仲良くなって、その人のことを知ることで、「自分も東大に行けるかもしれない」と思う。そうすることでモチベーションを高め、東大に合格することができた。そう語る東大生は、2人や3人ではありませんでした。

彼ら彼女らは、インターネットで調べて情報としては東大のことを知っていますし、模試を受ければ自分の実力を把握することだってできます。東大生のTwitterをフォローしたり、東大合格確実な人とSNSで友達になっていることだってあります。

しかし、「ネットの情報」と「生の感覚」とでは、全然意味合いが違うのだそうです。模試で何回A判定が出ていたとしても、1回も東大生と会ったことがない状態では「自分もきっといけるはずだ」とはなかなか思えないのだそうです。

情報が氾濫している時代ではありますが、だからこそ「生の感覚」にも価値があるのかもしれません。僕たちはどうしてもネットだけで情報を得ようとしてしまいがちですが、実際に人と会って、その試験に合格した人に話を聞いてみる中で得られることも、たしかに存在するのだと思います。

いかがでしょうか? 他人に自分の勉強を開示し、アプリやネットを活用しながらも、生の感覚も大事にする……。この独学術は、受験以外の分野にも応用できる要素を含んでいると感じます。みなさんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT