東大に「推薦で入った人」のプレゼンが凄すぎた

「東大の教授」すら納得させる3テクニック

まずは、プレゼンには必ず「自分」を入れるというテクニックです。

自分の経験を交えて語る

東大の推薦入試はグループで行われることが多いので、基本的にほかの人のプレゼンも聞くことになります。だから合格した人は、合格した人のプレゼンも、惜しくも不合格になってしまった人のプレゼンも、両方聞いている場合がほとんどなのです。

それを利用して今回僕は、推薦合格した人に対して「ぶっちゃけ、合格した受験生とそうでない受験生って、何が違ったんだと思う?」という、ちょっと意地悪な質問をぶつけてみました。

どの東大生も「うーん……それは難しいな……」と悩んでいたのですが、最終的にはこういう回答をする人が多かったです。

「自分の経験を交えて語れていなかった人は、不合格になっていたと思う」と。

惜しくも不合格になってしまった人のプレゼンの中には、合格した東大生の目から見ても、非常によく勉強しているもの、プレゼンを見ているほうも非常に勉強になる内容のものも多かったそうです。

というか合格した東大生の中には「自分よりも勉強している(と思われる)学生も多かった」とまで語っている人もいました。「勉強量だけだったら自分のほうが劣っていたのではないか?」とすら考えている学生もいるくらいでした。

しかし、それでも落ちた人たちのプレゼンを後から振り返って考えてみると、「なぜほかでもない自分が、そう考えるようになったのか?」「そう考えた自分が高校時代に何をしていたのか?」というような、「自分」という要素が入っていなかったのだそうです。よく調べているのはわかったけど、「なぜあなたが語るのか」がわからないものばかりだったと。

例えば「今の世の中にはこういう問題があって、それに対してこういうことをすればいいと思います!」と語っている人がいたとして、その問題もその分析も、究極的に言ってしまえば調べればわかるものです。

東大の教授はそれ以上のことを知っているだろうし、考えているはずで、そこに価値はない。ほかの人でもそのプレゼンはできてしまうはずですし、それはもはや、プレゼンではなくただの「分析」なのです。

そうではなくて、「私はこういう体験をしてきて、だからこんなことを思いました。こういう活動をしてきて、その上で将来こういうことがしたいです」と、きちんと自分を絡めてプレゼンできているかどうかで、プレゼンの価値は変わってくるのです。自分という要素が入ると、その瞬間に「この世の中でその人以外は語れない意見」を作ることができます。

実際、合格者のプレゼンの内容を教えてもらうと、随所に「自分」という主語が入っていました。

分析的であり、論理的であったとしても、根本には「自分はこう思った」というものが存在し、自分にしかできないプレゼンをしていたのです。

・自分がどう思ったのか?
・そのプレゼンの内容が、自分の体験とどう結びついているのか?

こうしたポイントを入れることで、自分にしかできないプレゼンになるのではないでしょうか。

次ページ「どんな質問が飛んでくるか」考え抜く
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT