「女性管理職の比率が高い」企業ランキング100

30%の政府目標にどれほど到達できたのか

女性管理職比率が83.3%のスタジオアリス

2012年12月から7年以上続いた安倍晋三政権が幕を閉じ、菅義偉新政権が誕生した。今となっては懐かしく感じられる「アベノミクス3本の矢」。この第3の矢である「成長戦略」の中核に位置づけられたのが「女性の活躍」だった。

2016年4月には「女性活躍推進法」が全面施行。すでに2003年に政府の目標として存在していた「社会のあらゆる分野において、2020年までに指導的地位に女性が占める割合を少なくとも30%程度とする」は企業からも注目され、女性管理職の登用を進める雰囲気が広がった。

あれからしばらくたったが、成果はどうだったのだろうか。今回は『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2020年版(基本的にデータは2019年時点)に掲載している女性管理職比率のランキングを100位までご紹介する。掲載の1593社のうち女性管理職比率を開示している1352社が対象。なお、『CSR企業白書』2020年版には400位まで掲載しているのでこちらも参考にしてほしい。

業種で女性管理職比率に大きな差

まず、全体像を見ておこう。2019年の女性管理職比率の平均は7.7%だ。2016年は6.3%、2017年6.9%、2018年が7.5%と、着実に増加してはいるものの、30%にはまったく届いていない。

『CSR企業総覧2020年版[雇用・人材活用編]』(東洋経済新報社)書影をクリックすると販売サイトにジャンプします

業種別(2019年)では、保険業21.2%、サービス業16.8%、銀行業15.9%、小売業12.9%などの比率が高かった。一方で、パルプ・紙1.8%、金属製品2.1%、鉄鋼2.1%、輸送用機器2.2%は低かった。このように業種による差も大きく、とても合格点とは言えないだろう。

続いて、個別のランキングをご紹介しよう。1位は東京を中心に国内外で料理教室を展開しているABC Cooking Studioで97.9%(女性管理職190人、以下同)。従業員数も1235人中、女性が1172人と女性比率は94.9%と高い。女性の部長比率も94.7%と高く、女性活躍が進む企業と言えそうだ。

2位は化粧品メーカーのシーボンで87.5%(119人)。上場企業ではトップだ。女性従業員数は984人で、女性比率が91.9%。女性の活躍が成長の原動力と考え、事業活動を通じて、女性の幸せで明るい生き方を応援。1日8時間未満で週に4~5日働く「ショートタイム正社員制度」や、65歳までの定年延長などの幅広い制度を導入している。

次ページ女性管理職の人数トップの企業はどこ?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT