最新版「CSR企業ランキング」業種別トップ10

各業界でコロナ後も信頼される会社はどこか

金融機関でトップに立ったSOMPOホールディングス(写真:日刊工業新聞/共同通信イメージズ)

信頼される会社をCSR(企業の社会的責任)と財務の両面から見つける「CSR企業ランキング」。7月8日配信の総合ランキング部門別ランキングに続き、「業種別のランキング(未上場も含む)」を紹介する(ポイント算出方法など、ランキングに関する解説はこちら)。

CSR活動は業種・業態によって行える活動に差がある。そのため、各企業のCSRの取り組みを評価する際は、全体の順位と合わせて、業種ごとにも見ていく必要がある。

そこで今回は、いくつかの業種をまとめた形で最大上位10社を紹介する。なお『CSR企業白書』2020年版には、金融機関は50位、未上場は25位、ほかは最大20位まで掲載している。

各業種の「CSR先進企業」の顔ぶれ

最初に、各業種のトップ企業を見ておきたい。

『CSR企業白書』2020年版(東洋経済新報社)。書影をクリックすると東洋経済STOREのサイトにジャンプします

総合ランキング首位のKDDI(情報・通信業)をはじめ、総合トップ10に入った企業が多い。

その半面、鉄鋼/非鉄金属/金属製品の住友電気工業(総合73位)、その他製品の大日本印刷(同92位)、不動産業の三井不動産(同85位)、サービス業のリクルートホールディングス(同66位)などは上位50位には入っていない。

総合順位が高くないとレベルも低いように思われる場合もあるが、業種による差を考慮すれば、「業種トップ」は各業種を代表する「CSR先進企業」と判断すべきだと考える。

では、業種ごとのランキングを見ていこう。

まずは金融機関だ。金融機関対象の財務得点とCSRの両面でのランキングを作成している。

1位はSOMPOホールディングスで392.1点。部門別では、環境が100点で1位。人材活用は99.0点で4位、企業統治+社会性は98.9点の4位と、いずれも上位に入った。女性管理職比率19.0%、総労働時間1782.6時間、男性育児休業取得率60.1%など、働きやすさの指標はいずれも高い。

次ページ「水と生きる」あの企業は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT