最新版「CSR企業ランキング」業種別トップ10

各業界でコロナ後も信頼される会社はどこか

金融機関でトップに立ったSOMPOホールディングス(写真:日刊工業新聞/共同通信イメージズ)

信頼される会社をCSR(企業の社会的責任)と財務の両面から見つける「CSR企業ランキング」。7月8日配信の総合ランキング部門別ランキングに続き、「業種別のランキング(未上場も含む)」を紹介する(ポイント算出方法など、ランキングに関する解説はこちら)。

CSR活動は業種・業態によって行える活動に差がある。そのため、各企業のCSRの取り組みを評価する際は、全体の順位と合わせて、業種ごとにも見ていく必要がある。

そこで今回は、いくつかの業種をまとめた形で最大上位10社を紹介する。なお『CSR企業白書』2020年版には、金融機関は50位、未上場は25位、ほかは最大20位まで掲載している。

各業種の「CSR先進企業」の顔ぶれ

最初に、各業種のトップ企業を見ておきたい。

『CSR企業白書』2020年版(東洋経済新報社)。書影をクリックすると東洋経済STOREのサイトにジャンプします

総合ランキング首位のKDDI(情報・通信業)をはじめ、総合トップ10に入った企業が多い。

その半面、鉄鋼/非鉄金属/金属製品の住友電気工業(総合73位)、その他製品の大日本印刷(同92位)、不動産業の三井不動産(同85位)、サービス業のリクルートホールディングス(同66位)などは上位50位には入っていない。

総合順位が高くないとレベルも低いように思われる場合もあるが、業種による差を考慮すれば、「業種トップ」は各業種を代表する「CSR先進企業」と判断すべきだと考える。

では、業種ごとのランキングを見ていこう。

まずは金融機関だ。金融機関対象の財務得点とCSRの両面でのランキングを作成している。

1位はSOMPOホールディングスで392.1点。部門別では、環境が100点で1位。人材活用は99.0点で4位、企業統治+社会性は98.9点の4位と、いずれも上位に入った。女性管理職比率19.0%、総労働時間1782.6時間、男性育児休業取得率60.1%など、働きやすさの指標はいずれも高い。

次ページ「水と生きる」あの企業は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT