最新版「CSR企業ランキング」業種別トップ10

各業界でコロナ後も信頼される会社はどこか

SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みも積極的だ。インドの現地法人で、銀行が提供するマイクロファイナンスの活用を促進する農村・貧困層向けのマイクロインシュアランス(小規模保険サービス)を2008年から提供するなど、グローバルで幅広い活動を行っている。

2位は東京海上ホールディングス(386.7点)。人材活用93.9点、環境96.0点、企業統治+社会性97.7点といずれも高い。

以下、3位第一生命ホールディングス(384.9点)、4位日本生命保険(384.5点)、5位みずほフィナンシャルグループ(384.4点)と続く。

続いて、未上場企業を対象にしたランキングを見ていこう。財務得点は使わず、CSR得点のみで作成している。

1位はサントリーホールディングスで283.5点。人材活用89.9点、環境98.7点、企業統治+社会性94.9点といずれも高得点だ。

「サントリー天然水の森」として約1万2000ヘクタールの面積で水源涵養活動を展開。ステークホルダーとの約束である「水と生きる」という言葉の下、商品の製造に使われる地下水の持続可能性を保全するため、国内工場で使用する地下水量の2倍を育むという目標を立て、2019年に達成。さらに新たなチャレンジに取り組んでいる。

以下、2位富士ゼロックス(283.1点)、3位トヨタ車体(273.0点)、4位マレリ(271.4点)、5位ダイハツ工業(269.8点)と続く。

環境面に強い東レ

水産・農林業/鉱業/建設業の1位は大和ハウス工業(557.5点)。部門別は環境98.7点(3位)、財務279.0点(19位)を中心に、企業統治+社会性96.0点も高得点で、総合でも13位に入った。

SDGsのゴール11「住み続けられるまちづくり」を軸とした経営戦略を描き、環境では2030年度、2055年度という超長期の数値目標を掲げている。

昨年業種トップだった積水ハウスは今年2位(553.1点)、3位は大東建託(540.4点)だった。水産・農林業のランクインはなかった。

食料品はJT(563.6点)がトップ。人材活用91.9点、環境93.3点、企業統治+社会性97.2点といずれも高得点で、総合でも7位と上位だった。

葉たばこの調達において直接契約農家の96%で耕作労働規範(ALP)を展開し、農家の収入や生活水準、労働慣行の改善に貢献。幅広い育児・介護への支援制度、在宅勤務制度、副業許可制度のほか、82.0%と高い有給休暇取得率など、働きやすい職場環境が整備されている。

2位はキリンホールディングス(557.8点)、3位アサヒグループホールディングス(550.7点)、4位サントリーホールディングス(541.5点)と、酒類を含めて幅広く取り扱う大手飲料メーカーが続く。5位明治ホールディングス(534.6点)、6位味の素(531.5点)までが総合100位内だ。

次ページ有力企業がズラリと並ぶ業種
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT