コロナ下で信頼される「CSR企業」トップ500社

社会的責任を果たしている会社はどこか

評価項目の各部門トップは、人材活用がANAホールディングス(総合順位25位)、丸井グループ(同63位)、日清製粉グループ本社(同138位)の3社。

ANAHDは2020年までに海外事業所における現地雇用社員の管理職比率を部課長クラス20%、マネジャークラス60%を目指すなど、ダイバーシティの取り組みが進んでいる。

丸井グループは新規出店、新規事業、社内会議参加、期間限定イベント運営などで社内公募を積極的に実施。希望する職種・職務や考慮してほしい身辺上の内容を会社に自己申告できるFA制度など、従業員のやる気を出す仕組みを多く持つ。

日清製粉G本社は女性管理職比率12.4%、障害者雇用率3.28%、労働災害度数率0.00と、高い数値の指標が並ぶ。

環境でトップだったのは丸井グループとSOMPOホールディングス。前者は2030年までに電力を100%再生可能エネルギーで調達すると宣言。ブロックチェーン技術を活用した電力トレーサビリティ(追跡可能性)を実現している。

SOMPOHDは、気候変動による自然災害の増加は保険金支払いの拡大などにつながるという危機意識を持つ。自社の環境負荷削減だけでなく、東南アジアでの干ばつ被害に伴う収入減少を補償する「天候インデックス保険」の提供など、社会での課題解決の意識も高い。

次ページ続いて、部門別ランキング②
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。