日本で「痴漢にされた」エリート外国人の末路

4年間乗車した通勤電車で起きた悲劇

痴漢を疑われ警察に拘束されたマイケルさん。彼はその後、どうなったのでしょうか(写真 : Komaer / PIXTA)

もし、電車の中で痴漢呼ばわりされたら、迷わず逃げる――。これは、痴漢呼ばわりされて数日間警察に拘束されたある欧州出身のビジネスマン、マイケル(仮名)さんが得た教訓だ。

彼はその朝、過去4年間毎朝そうしてきたように、混み合った山手線に乗って通勤していた。と、そのとき、突然、激高した女性に怒鳴られ、体をつかまれた。ほとんど日本語が話せないマイケルさんは、最初、その女性が何を主張しているのかまったくわからなかった。

彼女が怒鳴りだした瞬間、車内の乗客は一斉にこちらを向いた。それから数秒後、マイケルさんは自分が痴漢行為をしたとして、彼女に責められていると理解した。

上司に電話で助けを求めたが…

それから、その女性は彼の腕をつかむと、彼を列車から引きずり下ろし、駅員を呼んだ。頭が混乱していたマイケルさんは無抵抗だったが、「悪いことは何もしていない」と思っていた。これはそもそも誤解であり、最悪の場合でも詐欺なんだと自分に言い聞かせた。日本の法律は無実の自分を守ってくれると思っていた。

(写真:poosan / PIXTA)

「子どもがいて、犯罪歴もなく、同じ電車で4年間問題を起こさず通勤してきた私のような外国人既婚男性が、痴漢行為をはたらくなんて、一体誰が思うでしょうか。しかし、あの瞬間、その後に起こることがわかっていたら、私は駅から走って逃げていたでしょう」と、マイケルさんは話す。

駅員たちがやってきて、マイケルさんと女性に駅員室に来るように伝えた。彼はこの時点で逃げることもできた。しかし、「無実である」と信じていたマイケルさんは、これに従った。そして、彼は自分の携帯電話に伸ばし、状況を報告。駅員はこれを止めようとしたが、マイケルさんは上司に助けを求めた。

しばらくすると警察が来て、彼と女性はそれぞれ別々の部屋に案内された。そしてマイケルさんは、彼が痴漢容疑で告発されたこと、そして彼に手錠をかけることを説明した。そしてマイケルさんを犬のように1人の警察官につなぐと、パトカーの中に引きずりこんだ。

このときからずっと、マイケルさんは留置所に入っているとき以外は手錠をかけられ、何か(いすや棒など)につながれることとなった。トイレに行くときも、トイレのドアは開けた状態で、警察官とつながれていた。

次ページ頼りにしていた弁護士が驚きの提案
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。