ロンドンに学ぶ誰もが安全に使える公共交通

「少数派」に我慢や自粛を強いる日本との違い

入場制限のされている、パディントン駅。出てくる人ばかりで、入る人は制限されている

今年4月、せっかくロンドンにいるのだから、地元のプロサッカーチームとして世界的に有名なアーセナルの試合でも観戦できたらと試合日程を確認してみると、ちょうどホームでレスターとの対戦が組まれていた。レスターといえば、日本代表・岡崎慎司選手が所属する昨年度の優勝チーム。これを逃す手はないと、早速チケットを購入した。

またテロでも起こったのかと不安になる光景

当日夕方、アーセナルの本拠地である「エミレーツ・スタジアム」行きの地下鉄に乗ろうと、ロンドン北部にあるキングス・クロス駅に向かった。ところが、何か事故でもあったのだろうか、複数ある改札はほとんど封鎖されており、たった1つの改札しか通行が許されていない。付近は、これから観戦に行くのだろうアーセナルのファンや会社や学校から帰宅する人々であふれていた。

またテロでも起こったのだろうかと不安になった私は、駅員をつかまえて「何が起こったのか?」と尋ねてみた。ところが、返ってきた答えは、「混んでいるから」。状況がまったく飲み込めない私は、周囲の乗客にも話を聞き、ようやく事情を理解した。ラッシュ時は電車内が混み合って危険な状態になってしまうため、このように改札の時点で足止めをし、乗車制限を行っているのだという。

なるほど、さすがプレミアリーグきっての人気チーム。巨大ターミナル駅の乗車ルールまで変えてしまうなんて大したものだと驚いていたら、こうした乗車ルールは何もスポーツイベントが開催されるなどの特別な場合だけでなく、日頃の通勤・通学時にも適用されているのだという。ロンドンでは、ピーク時に限ってより高い運賃を設定することで混雑を減らそうとする取り組みなども行われているが、乗車制限もまた一つの有効な手段だと考えられているようだ。

次ページ目的の電車に乗るまでに…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。