ロンドンに学ぶ誰もが安全に使える公共交通

「少数派」に我慢や自粛を強いる日本との違い

黒と黄色の2色テープの前では、人々が列をなして待っている

何度か進んでは止められ…

実際、地下鉄4線が乗り入れ、さらにはロンドン北西部への特急列車が発着するロンドン有数のターミナル駅であるパディントン駅を訪れた際にも、同じような場面を目にすることとなる。

ロンドンと北西部の近郊都市を結ぶターミナル駅であるパディントン駅は、4線もの地下鉄が乗り入れており、通勤時は都心部へと向かう人々でごった返している。中長距離列車が発着する1階のコンコースから地下鉄に乗り換えるためには階段を下っていく必要があるのだが、その階段には黒と黄色の2色テープが張られ、利用客が階段を降りないよう、警備員が目を光らせていた。テープの前では、百人を超えるだろう人々が列をなし、特に文句を言うでもなく、その封鎖が解かれるのを待っていた。

階段脇からひょいと首を伸ばして階下をのぞき込んでみると、そこでもまた足止めをされている別の一団がいた。しばらくすると、合図を受けた係員の誘導によって封鎖が解かれ、階下の一群が改札に向かって進んでいく。それに合わせてコンコースの封鎖も解かれ、長らく待たされていた人々が階段を下っていく。しかし、彼らはまた階下でしばらく足止めを食い――というサイクルで、彼らは目的の電車に乗るまでに、何度か進んでは止められ、進んでは止められ、を繰り返す。

階段の下で、また足止めをされている別の一団
次ページこのシステムにも利点はある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。