痴漢の疑いで「線路に逃走」がダメな法的理由

犯人でなくても逃げると逮捕の可能性がある

痴漢に疑われても線路へ逃走するのは危険だ(写真:IYO / PIXTA)

最近、痴漢(疑われた人も含む)が線路へと逃走するという例が続いているようである。しかし、人ごみに消えていくならともかく、線路へと逃走を図るのは、自身の命を危険にさらす下策中の下策というほかない。

さらに、次のようなことも起こりうる。まず、線路に立ち入って逃走すること自体が刑罰法規に抵触する。みだりに線路敷地内に立ち入れば鉄道営業法第37条違反に問われることになるし、新幹線の線路への立ち入りなら新幹線特例法第3条第2号違反になる。

「疑われたら逃げろ」は本当か

この連載の記事一覧はこちら

また、立ち入りにより列車を止めたり駅員の業務を阻害したりするなど業務を妨害すれば、場合によって、鉄道事業者の意思を制圧して業務妨害したとして威力業務妨害罪にも該当する可能性がある(刑法第234条)。

加えて、刑事責任だけでなく民事責任にも問われうる。痴漢に疑われて線路に逃げ込むことはやむをえないこととは通常認められないし、線路立ち入りが列車の運行妨害に直結することは誰にとっても明らかである。したがって、列車を止めるなどして鉄道事業者を混乱に陥れれば、それによって生じた振り替え輸送費用などの損害につき賠償請求をされかねない。

ところで、痴漢に疑われたときに、がむしゃらに逃走するのがそもそもいいのだろうか。

次ページ駅員室に連れていかれたら逮捕される?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。