1984年のジョブズが「独裁者」に打ち込んだ楔

「ホール・アース・カタログ」にその原点がある

「Stay hungry Stay foolish」(ハングリーであれ。愚か者であれ)。スティーブ・ジョブズ、1988年10月12日(撮影:小平 尚典)
いまもなお語り継がれる伝説の経営者であるスティーブ・ジョブズの知られざる姿を、若き頃から彼を撮り続けてきた写真家の小平尚典と、あの300万部を超えるベストセラー『世界の中心で、愛をさけぶ』を著した片山恭一がタッグを組んで描く連載。第6回をお届けします(毎週月曜配信予定)。

6 ホール・アースな問題

ロラン・バルトは写真の登場について、人々が鏡で見るのとは違ったふうに自分自身の姿を見るようになったのは、歴史的にはごく最近のことであると述べている(『明るい部屋』)。フランス人のニエプスによって写真が発明されたのは1827年、まさに近代の真っただ中である。近代的な自我や自己が確固なものになっていくうえで写真は重要な役割を果たした。

人間は宇宙から地球を見るように

バルトの言い方に倣えば、1960年代は人類がはじめて自分たちの住む惑星の姿を目にするようになった時代と言える。それまで望遠鏡で宇宙を見ていた人間が、いまや宇宙から地球を見るようになった。これによって世界の印象がまったく変わった。

画像をクリックすると公開中の記事一覧にジャンプします

ソ連のユーリイ・ガガーリンがボストーク1号で地球を一周し、「地球は青かった」という言葉を残したのは1961年のことだ。同年5月にはアメリカのケネディ大統領がアポロ計画を発表、1960年代中に人間を月に到達させると宣言する。計画は何度かの有人宇宙飛行を経て、1969年7月にアポロ11号が月面着陸したことによって実現する。このときケネディは生きていない。1963年に日米間で実験的に行われた初のテレビ衛星中継で、太平洋を越えた電波にのって送られてきたのはケネディ暗殺の悲報だった。

1957年にソ連が打ち上げたスプートニク以降、多くの人工衛星が地球のまわりを飛びまわり、遠い国のニュースがリアルタイムで送られてくるようになる。おかげで1967年6月、ぼくたちは世界初の衛星中継番組で「愛こそすべて」をうたうビートルズのメンバーたちを目にすることができた。世界は全地球的なものになりつつあった。

次ページ『ホール・アース・カタログ』が訴えたメッセージ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT